キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

12月4日(月)〜12月8日(金)
タラの切り身を使って
12月4日(月) *照り煮
生タラ切り身4切れは塩少々をふって10分ほど置いて、ペーパータオルで水気を押えます。小麦粉をまぶしてフライパンに油を熱して両面をこんがり焼いて火を通します。(酒大さじ3・みりん大さじ1・醤油大さじ1)を加えて照り良くからめます。
仕上げに生姜の絞り汁を加えてからめるとおいしい。
12月5日(火) *柚子の香り焼き
生タラ切り身4切れは塩少々をふって10分ほど置きます。バットに柚子1個の輪切りを入れ、醤油大さじ2・酒大さじ4・みりん大さじ2を合わせます。タラを並べて時々上下を返しながら30分ほど味をなじませます。グリルに入れて焦がさないように焼いて火を通します。焦げやすいので、様子を見ながらアルミホイルを被せるなどして焼きます。好みですだちを絞ってかけます。
12月6日(水) *にんにく醤油のムニエル
生タラ切り身4切れは塩少々をふって10分ほど置きます。ペーパータオルで表面の水気を押さえて、こしょう少々をふり小麦粉をまぶします。フライパンに油を熱してタラを並べてこんがり色をつけながら両面を焼いて火を通します。余分な油をふきとってバター小さじ2・酒大さじ2・醤油大さじ1を加えて、おろしにんにく小さじ1を加えてからめます。器に盛ってからガーリックチップを散らしてもおいしい。
12月7日(木) *レンジ蒸し
生タラ切り身4切れは塩少々をふって10分ほど置きます。ペーパータオルで水気を押えて耐熱皿に並べます。酒1/4カップ・みりん大さじ1・醤油大さじ1をふりかけ、長ねぎ1本の薄切りをかぶせるようにのせて、生姜のせん切りを散らします。ラップをかぶせて、600Wの電子レンジに約5分かけて火を通します。器に盛ってねぎや生姜も盛り合わせます。蒸し汁に醤油や酢適量を加えてかけます。
12月8日(金) *でんぶ
生タラ切り身4切れは沸騰湯に入れて5分ほどゆでて火を通し、粗熱を取ってから皮を取り除いて、布巾に包んで水気を絞ってほぐします。鍋に入れて弱火にかけて箸数本を持って混ぜながら水分がなくなってパラっとするまで炒ります。酒大さじ2・砂糖大さじ3・塩小さじ1/4・醤油小さじ1を加えて、さらにパラっとするまで炒ります。
食紅粉を水で溶いて極少量を加えて炒ると、きれいなピンク色になります。