暮らしに鉄分
「街角ジャーナル」
 
 
2月28日水曜日 山形県から!「出羽くるみ餅」?!
 
 出羽の月山には、天然もののクルミの木があるといいます。これがたっぷりと油を含んでおり、ローストするとパチパチと良い音を立ててはぜ、香ばしさがグンと高まる一級品。しかし、天然ものゆえ、収穫は大変。。。。
 そんな「地元の宝」をいかした一品を作りたい!というところから始まった、「出羽くるみ餅」づくり。ローストした香ばしい月山の天然くるみを求肥餅に練りこみ、これを、バターを溶かした特性のシート(シュークリームのシュー皮のようなもの)を使って、【シート・餅・シート・餅・シート】と何層にも積み上げたミルフィーユに仕上げました。
 この皮(シート)と求肥餅の相性が抜群!シートはとても薄いのにバターのおかげか存在感がしっかりとあり、求肥餅のモチモチ感とのバランスが絶妙。それを食べ進めると歯に当たって存在感を出す天然もののクルミ。この3つが渾然一体となる幸せな味です!
今週は、3名さまにプレゼント!HPからの応募OK。3/5まで!
出羽くるみ餅(6個入り) 972円(税込・送料別)
「つるおか菓子処木村屋」 (0120)368−222