キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

9月13日(月) *ほうれん草の柚子浸し
浸しづゆを作ります。鍋に出し汁1カップ、酒大さじ2、みりん大さじ1、しょうゆ大さじ1、塩小さじ1/3を合わせてひと煮して冷まします。柚子の皮は細切りにします。
ほうれん草1把はきれいに水洗いをします。沸騰湯に塩を入れてほうれん草を2分ほどゆでて水にとります。固く絞って3cm長さに切ります。浸しづゆに漬け込み、柚子皮も加えて味をなじませます。器に盛って汁をかけて削りがつおをのせます。
9月14日(火) *ほうれん草のナムル
にんにく1かけはすりおろしてボウルに入れます。醤油小さじ1、塩小さじ1/4、こしょう少々、ごま油大さじ2、鶏ガラスープの素小さじ1、コチュジャン小さじ2をよく混ぜ合せます。
沸騰湯に塩を入れ、ほうれん草を2分ほどゆでて水にとって絞ります。3cmに切ってたれに合わせて刻んだごま適量を混ぜます。
9月15日(水) *ほうれん草のスープ煮
ほうれん草2把は洗って沸騰湯に塩を入れて1分ほどゆでて水にとって絞ります。3cm長さに切ります。にんにく2かけは薄切りにします。フライパンにごま油を熱し、にんにくを焦がさないように香りよく炒め、水1/2カップ、鶏ガラスープの素小さじ1、酒大さじ2、塩小さじ1/4、こしょうを加えて強火にかけます。
煮立ったらほうれん草を加えてひと混ぜして火を止めます。
9月16日(木) *小松菜とじゃこと油揚げの煮浸し
小松菜1把は根元の汚れをきれいに洗い、葉先も洗って3cmのざく切りにします。
油揚げ2枚は半分に切って1cm幅に切ります。フライパンに油大さじ1を熱し、小松菜、ちりめんじゃこ30g、油揚げを入れて強火で炒めます。
小松菜がしんなりしたら出し汁1カップ、酒大さじ2、塩少々、醤油小さじ2を入れてひと煮します。
9月17日(金) *小松菜とひき肉団子のスープ煮
豚ひき肉200gをボウルに入れます。生姜のみじん切り、水大さじ2、片栗粉大さじ1、塩・こしょう各少々を加えて練り混ぜます。鍋に水4カップを入れて火にかけ、鶏ガラスープの素小さじ1、酒、塩、こしょう、しょうゆ適量を加えて味を調えます。
ひき肉団子の生地を3cmに丸めて加えます。煮立ったらアクを取ります。
刻んだ小松菜を加えてひと煮します。