キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

12月6日(月)~12月10日(金)
卵を使って
12月6日(月) *味付き卵
ラーメンなどのトッピングにもおいしい一品です。ゆで時間がポイントです。
卵4個は常温に20分ほどおきます。沸騰湯に卵を静かに入れて6分20秒ゆでて、すぐに水にとって、殻をむきます。ポリ袋に麺つゆ(ストレートタイプ)1カップほどと卵を入れて冷蔵庫に2~3日おきます。3日目あたりが、卵黄がやや固まりかけ、ねっとりとしておいしい。
12月7日(火) *小田巻蒸し
卵3個をボウルに溶きほぐします。出し汁2カップ、塩小さじ1/3、みりん大さじ1、醤油小さじ2を加えて混ぜます。小どんぶり4個にゆでうどん2玉分を等分し、ちくわ1本の輪切り、戻したしいたけ適量を入れ、卵液を等分します。蒸気の上がった蒸し器に入れて20~30分蒸します。
12月8日(水) *ポーチド・エッグ
卵4個は常温に20分ほどおきます。鍋に約水4カップ、酢大さじ2、塩小さじ1を合わせて火にかけ、静かな煮立ちに調整します。湯のみなどに卵を1個ずつ割り入れ、湯に落とし入れます。6~7分を目安にゆでて皿にとり出します。
ピザソースを塗ったトーストに乗せ、チーズを被せて焼いても、サラダのトッピングとしても、おいしく食べられます。
12月9日(木) *スクランブルエッグ
卵5個をボウルに割り入れ、塩小さじ1/4、こしょう少々、生クリーム50mlを加えて軽く混ぜ合わせます。フライパンを火にかけてほんのり温めて油大さじ1とバター大さじ1を入れてバターが溶けかけたら強火にして一度に卵液を流し入れます。箸で卵液を大きく混ぜ合わせ半熟状にし、お好みの加減に火を通します。
ハムのみじん切り、ピザ用チーズなどを合わせてもおいしい。
12月10日(金) *温泉たまご
温度計を使って、常に湯の温度を60℃ほどに保ちながらゆでます。
卵4個は常温に20分ほど置きます。鍋に水を約5カップ入れて強火にかけます。温度計を差し込んで60℃になったら火加減を調整して60℃を保ちます。卵を静かに入れます。
卵が入ることによって温度が下がるので、再び火加減を調整して60℃を保ちます。すぐにタイマーを30分にセットします。水にとって器に割り入れ、めんつゆなどでいただきます。