キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

11月18日(月)~11月22日(金)
秋鮭を使って
11月18日(月) *ムニエル
醤油だれ(酒大さじ2・水大さじ2・みりん大さじ2・しょうゆ小さじ2)を合わせます。
生ザケ(切り身)4切れに塩・こしょうをまぶします。フライパンを火にかけて油大さじ3を熱し、小麦粉をまぶしたサケを並べます。中火にかけて色がついたら返します。
焼き色をつけながら6~8分焼いて火を通します。余分な油をふき取って、醤油だれとバター小さじ1を加えてひとからめします。レモン汁をふりかけて。
11月19日(火) *焼きめし
甘塩サケ2切れは焼いて火を通して、粗くほぐしながら皮と骨をとり除きます。
レタス1/2個は手でちぎります。温かいごはんを用意します。卵3個はほぐします。
フライパンを中火にかけて油大さじ2を熱し、卵とごはんを入れて木べらで混ぜながら炒めます。サケとレタスを加えて、レタスがややしんなりしたら、醤油と塩、こしょうで味を調えます。
11月20日(水) *南蛮漬け
鍋に(水1カップ、醤油大さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ2、酢大さじ2)を入れて、長ねぎ1/2本の薄切りと赤とうがらし1本(種を出して)を加えてひと煮します。
生ザケ(切り身)3切れはひと口大のそぎ切りにして小麦粉をまぶします。175度の揚げ油で5分ほど揚げて、南蛮ダレに漬けます。
長ねぎをごま油でさっと炒めると風味よく一層おいしくなります。
11月21日(木) *マヨ味噌焼き
生ザケ(切り身)4切れに塩少々をふって10分ほどおきます。表面の水分を押さえて、しょうゆ小さじ2、酒大さじ1をからめて10分ほどおきます。グリルで焼いて火を通します。赤みそ小さじ2にマヨネーズ大さじ4を混ぜ合わせます。焼いたサケにぬってさっと乾かす程度に焼きます。
11月22日(金) *フライ
生ザケ(切り身)4切れは、4~5cm大に切って、塩・こしょう各少々をまぶします。
青じそ10枚を粗いみじん切りにしてサケにまぶしからめて、小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせてパン粉をまぶします。揚げ油を175度に熱し、4~5分かけてきつね色に揚げます。レモン汁、しょうゆ、タルタルソース、ウスターソースなどお好みのソースでいただきます。