キユーピーラジオクッキング

このラジオクッキングは、宮本和秀先生が一週間単位でテーマをもうけ、毎日一品づつ、作り方と料理のポイントをアドバイス。

9月28日(月)~10月2日(金)
さつま芋を使って
9月28日(月) *レモン煮
さつま芋中2本は皮付きのままで2cmの輪切りにします。ボウルに水3カップ、焼きミョウバン大さじ2を混ぜて、さつま芋を浸して20分ほどおきます。さっと洗って鍋に入れ水3カップ、グラニュー糖大さじ4、ハチミツ大さじ3、醤油小さじ1、レモン汁大さじ2を入れて中火で20分ほど煮ます。火を止めて粗熱をとってレモン汁大さじ2を混ぜます。常温でいただいてもおいしいのですが、冷蔵庫でよく冷やします。
9月29日(火) *甘辛煮
さつま芋2本は皮つきのままで2cmの輪切りにし、水洗いして鍋に入れます。水2カップ、みりん大さじ2、砂糖大さじ1、醤油小さじ2を加えて強火にかけます。煮立ったら弱めの中火にしてふたをし、15分ほど煮ます。さつま芋が柔らかくなったらふたを取って、煮汁を煮詰めます。ごまをからめて火を止めます。冷めてもおいしく、弁当菜にも便利です。
9月30日(水) *チップス
さつま芋1本は皮付きのままでスライサーで薄い輪切りにします。水洗いしてザルにあけてしばらく水気を切ります。台に広げて1時間ほど風乾します。揚げ油を165℃に熱し、10分ほどゆっくり揚げて、仕上げに油の温度を175℃位に上げてカラッと揚げます。そのままでもおいしいのですが、塩少々をふってもおいしい。
10月1日(木) *クリームスープ
さつま芋1本(200g)は皮をむいて薄切りにし、洗ってザルにあけます。玉ねぎ・にんじん各50gは薄切りにして、さつま芋と一緒に鍋に入れます。水3カップ、洋風スープの素1個を加え、ふたをして柔らかく煮ます。煮汁が半分ほどになったら火を止めて粗熱を取ります。煮汁ごとミキサーにかけて鍋に移します。牛乳1カップを少しずつ加えトロミ加減を調整し、塩、こしょうで味を調えます。シナモンパウダー少々をふってもおいしい。よく冷やしてもおいしくいただけます。
10月2日(金) *鬼まんじゅう
さつま芋2本(400g)は1本は皮付きのままで1cm角に切り、1本は皮をむいて1cm角に切ります。洗ってザルにあけてボウルに入れ、薄力粉180gをからめます。
別のボウルに砂糖70gと水100mlを混ぜて、さつま芋のボウルに合わせ、木べらでまとめ、12~14個に分けます。蒸気の上がった蒸し器に入れ、20~25分蒸します。
蒸し上がったら皿に取り出し、うちわ(扇風機)などで風を当てると艶がでます。