CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/12/6 9:21

全長25メートル・タイヤの数は56個 H3ロケット運ぶ巨大台車

 共有する
  • Facebookで共有する
  • pocketする
  • LINEで送る
 三菱重工と宇宙航空研究開発機構=JAXAは、次世代の主力ロケットH3の打ち上げの際に、発射場所までロケットを運ぶための台車を公開しました。

 H3を運ぶ台車は、愛知県半田市の日本車輌製造の工場でつくられ、5日は自動運転で、ゆっくりと150メートルの距離を進む様子が公開されました。

 台車は、全長およそ25メートル、重さは150トンほどで、宇宙空間や未来などをイメージして青・黒・白の3色で塗装されています。

 台車には、56個のタイヤがついていて、最高時速は2キロ、実際は2台の台車で、H3を運ぶということです。

 H3は、次世代の主力ロケットとして、2020年の打ち上げに向けて、開発が進められています。(6日09:21)

よく読まれているニュース