CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2019/7/12 19:23

岐阜・男子生徒いじめ死亡事件 「岐阜市の教育に多くの問題」 市長会見

 共有する
  • Facebookで共有する
  • pocketする
  • LINEで送る
 7月3日、岐阜市で中学3年の男子生徒がマンションから転落死し、いじめが疑われている問題で、12日、岐阜市長が臨時会見を開き、岐阜市の教育のあり方には問題があり、全般を見直す必要がある述べました。

 「いじめが強く疑われていたにもかかわらず、被害者の保護者へ報告できていなかったことなど、学校内、学校と教育委員会との情報共有や連携、学校の初動対応などが不十分であった」(柴橋正直・岐阜市長)

 7月3日、岐阜市のマンションの駐車場で死亡しているのが見つかった中学3年の男子生徒の自宅には、いじめを示唆するメモが残されていました。

 男子生徒の担任は今年5月、男子生徒がいじめられていると訴える手紙をクラスメイトから受け取りましたが、担任は関係する生徒との面談などで問題は解決したと判断してこの手紙を処分し、管理職と情報共有していませんでした。

 これについて12日、臨時の記者会見を開いた岐阜市の柴橋市長は。

 「本市の教育は多くの問題を抱えている。知識や学力の向上だけでなく、生命の尊厳など心の成長に繋がるものだったかを検証するなど、教育策全般を議論の対象としたい。」(柴橋岐阜市長)

 岐阜市はこの問題を受け、有識者らによる「いじめ問題対策委員会」を設置し12日、第1回の会議を開きます。

 委員には、25年前にいじめを苦にした自殺で、当時中学生だった次男を亡くした愛知県西尾市の大河内祥晴さんも名を連ねていて、今後いじめの実態調査や原因などを調べ、再発防止策などを盛り込んだ報告書を年内にまとめる予定です。(12日16:09)

よく読まれているニュース