CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2019/3/14 19:22

遺体が見つからなくても死体遺棄を認定‥息子に懲役1年6か月判決

 共有する
  • Facebookで共有する
  • pocketする
  • LINEで送る
 遺体が見つかっていない死体遺棄事件で、裁判所が罪を認定しました。

 愛知県豊橋市の小林大介被告(32)は、3年前、父親の生治さん(当時63)の遺体を三河湾に棄てた死体遺棄の罪に問われています。

 小林被告は、逮捕後から公判まで黙秘を貫いていますが、名古屋地方裁判所豊橋支部の明日利佳(ぬくい・りか)裁判官は、任意の取り調べ段階で、小林被告が、「遺体を一時保管した」と供述した作業場で、生治さんの血液反応が認められたことなどから、死体遺棄罪の成立を認定し、小林被告に懲役1年6か月の実刑判決を言い渡しました。(14日17:48)

よく読まれているニュース