CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2018/9/10 10:29

潮風で錆びたのが原因、名鉄空港線のワイヤー切れ

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 ことし3月、愛知県常滑市の名鉄空港線の一部区間でワイヤーが切れ、運転を見合わせた問題で、潮風でワイヤーが錆びたことが原因だと判明しました。

 この問題はことし3月、名鉄空港線のりんくう常滑駅から中部国際空港駅間で、電気を供給する架線を支えるワイヤーが切れ、列車が丸2日にわたって、終日、運転を見合わせたものです。

 名鉄によりますと、調査の結果、塩分を含んだ風でワイヤーが錆びたうえ、強風により切れたことが原因だとわかりました。

 名鉄は、10月から、目視点検の実施回数を増やし、空港線全区間のワイヤーを錆びにくい鋼の材質のものに随時変えていくということです。(8日00:24)

よく読まれているニュース