CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2017/11/13 12:05

「徘徊に腹を立て」母親死亡 暴行で逮捕

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 名古屋市中村区の住宅で、86歳の母親に暴行を加えた疑いで、同居する60歳の次男が逮捕されました。

 母親はその後死亡し、警察は、傷害致死容疑での立件も視野に捜査する方針です。

 逮捕された名古屋市中村区の契約社員 武藤清孝容疑者(60)は、12日午後、母親の節子さん(86)の下半身を数回蹴るなどの暴行を加えた疑いが持たれています。

 「男の大声が聞こえた」との通報で駆けつけた警察官が、室内で倒れている節子さんを発見し、節子さんは搬送先の病院でおよそ1時間後に死亡しました。

 警察によりますと、節子さんは認知症を患っていた可能性があり、ことし6月から14回ほど外を徘徊して警察に保護されていました。

 12日は、言うことを聞かずに外に出ようとした節子さんに武藤容疑者が腹を立て、暴行を加えたということで、武藤容疑者は暴行の容疑を認めています。

 警察は傷害致死容疑での立件も視野に捜査する方針です。(13日12:00)