CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

ページ最終更新  2017/9/14 17:48

婚約内定後初の地方公務‥眞子さま岐阜へ

 共有する
  • Facebookで共有する
  • +1をする
  • pocketする
  • LINEで送る
 秋篠宮家の長女・眞子さまが、婚約内定の会見後初めての地方公務として、14日午後から、岐阜県多治見市を訪問されています。

 「こちらには眞子さまを楽しみにしている市民が大勢集まっています」
  (今井記者)

 14日午後3時頃、多治見市の「モザイクタイルミュージアム」に到着された眞子さま。

 詰めかけた多くの市民から歓迎を受けました。

  「見ました。すごくきれいでかわいかったです。」
  「親しみみたいなものを感じました」
  「眞子さまのほうから子どもに手を差しのべ握手して見えた」
 「かわいかった」
   (出迎えた市民)

 眞子さまは大学時代の同級生小室圭さんと婚約され、9月3日の婚約内定会見で、2人はお互いをこのように表現されました。

 「太陽のような明るい笑顔」
  (眞子さま)
 「月のように静かに見守る存在」
  (小室さん)

 14日は、会見後、初の地方公務。

 公務で岐阜県を訪問されるのは、今回で2回目です。

 眞子さまは、15日から開かれる「国際陶磁器フェスティバル美濃」の名誉総裁を務められていて、15日の開会式に出席される予定です。

 多治見市笠原町は、タイルの産地として知られていて「モザイクタイルミュージアム」では製品や機械をご覧になりタイルの製造工程などについて説明を受けられました。

 「非常に興味深く『どうやって使われるんですか?』とお聞きになっていただきました。とても朗らかで聡明な方という印象です。」
  (眞子さまを案内した村山閑さん)

 眞子さまは、このあとフェスティバルのメイン会場となる「セラミックパークMINO(みの)」を視察される予定です。(14日17:38)