CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

サッカー界のレジェンド “KINGカズ”が三重県へ 背番号にちなんで11日11時11分に移籍を発表

サッカー界のレジェンド “KINGカズ”が三重県へ 背番号にちなんで11日11時11分に移籍を発表

 サッカー界の“レジェンド”が三重県にやって来ます。

 「キングカズ」こと、あの三浦知良選手が、鈴鹿市のチームに移籍することが決まりました。

 「カテゴリーは“J”でも“JFL”であっても、大変なことに変わりはない。やることに変わりはない」

 (三浦知良選手)

 9日前、“新年初蹴り”の場で、こう語っていた、サッカー界のレジェンド「キングカズ」こと三浦知良選手54歳。

 Jリーグ2部リーグの横浜FCから、JFL=日本フットボールリーグに所属するプロチームで、三重県鈴鹿市が本拠地の「鈴鹿ポイントゲッターズ」に期限付きで移籍することが決定し、長年背負ってきた背番号「11」にちなんで、1月11日午前11時11分に発表されました。

 1月2日、鈴鹿ポイントゲッターズを率いる兄の泰年監督と一緒に、故郷・静岡県で幼いころプレーをしていたクラブチームで初蹴りを楽しんだ三浦知良選手。

 「新天地」についての思いをこう語っていました。

 「自分自身が常にどういう気持ちでピッチに立てるかが大事。やることに変わりはない。今までと同じ気持ち、どこに行っても厳しい。それがサッカーを続けるということ」

 (三浦知良選手)

 兄の泰年監督も、頼もしい弟の加入に期待を寄せています。

 「勝利するために、勝つためにカズを呼んだ。試合に使うだけじゃなくて、勝利の瞬間にカズがグラウンドに立っている。そういう姿を見せられると思います。いいチームに仕上げたい」

 (鈴鹿ポイントゲッターズ 三浦泰年監督)

 長く日本代表でも活躍したレジェンドがやってくることに、地元・鈴鹿市民の反応は?

 「めっちゃ、うれしいです。親の世代は興奮している」

 「盛り上げて、鈴鹿の街も、もっと繁栄してほしい」

 「ポイントゲッターズ自体が成績アップしてグレードアップ。上にあがってくれると、またサッカー人気も盛り上がる」

 (鈴鹿市民)

 行政も…。

 

 「三浦知良選手が移籍することによって、地域一体となって盛り上がっていって、Jリーグ昇格に導いてくれることを期待しています」

 (鈴鹿市・スポーツ課 磯野圭佑さん)

 三浦知良選手は11日、鈴鹿ポイントゲッターズを通じてコメントを発表。

 「ここでプレーする機会を与えていただけたことに感謝し、ピッチの上でクラブの勝利に貢献できるよう努力していきます。よろしくお願いします」と意気込みを示しました。

 2018年の50歳の時、「リーグ戦でゴールを決めた最年長のプロサッカー選手」としてギネスブックにも認定され、2月26日には55歳になる三浦知良選手。

 数々の記録や記憶を残してきた「キング」が、鈴鹿でどんなプレーを見せてくれるのか、目が離せません。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「スポーツ」のニュース

もっとみる