CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

藤井聡太四冠に“最後”のお年玉 師匠の杉本八段「竜王に渡せたのが感慨深い」金額は内緒…でも増額した?

藤井聡太四冠に“最後”のお年玉 師匠の杉本八段「竜王に渡せたのが感慨深い」金額は内緒…でも増額した?

 将棋の藤井聡太四冠(19)が1月3日、師匠の杉本昌隆八段一門の指し初め会に参加し、師匠から成人前“最後”のお年玉を受け取り、笑顔を見せました。

 杉本一門の指し初め会は、1月3日午後に名古屋市の杉本昌隆将棋研究室で開かれました。

 指し初め会には藤井四冠、室田伊緒女流二段、中澤沙耶女流初段ら杉本八段の弟子6人が参加し、会の冒頭で師匠から弟子にお年玉が手渡されました。

 杉本師匠は、お年玉を未成年の弟子やプロになる前の弟子に渡すと決めていて、今年20歳になる藤井四冠へのお年玉は“最後”になりました。

 杉本八段は「藤井四冠が小学4年生で弟子入りしてから、これまで10年間、毎年お年玉を渡してきましたが、『竜王』に渡せたというのが感慨深いです。ここまで早い成長は予想していませんでした」と話していました。

 また、渡したお年玉の金額について尋ねると「金額は内緒ですが、去年は2つタイトルが増えたので、その分を増やしました」と去年のお年玉より増額したことを明らかにしました。

 藤井四冠の2021年の獲得賞金・対局料は、1月に加算される竜王戦のタイトル料を合わせると1億円を超える見通しですが、師匠からの愛情のこもった温かいお年玉に藤井四冠は「ありがとうございます」と応じ、笑顔を見せていました。

 お年玉を受け取った後、藤井四冠は杉本師匠と一門の弟子たちに約1時間半にわたって、自分の去年の対局について将棋盤を使って熱のこもった解説をし、全員が聞き入っていたということです。

 藤井四冠は新年1月9日、10日に王将戦七番勝負第一局に臨み、渡辺明三冠を相手に「最年少五冠」に挑戦します。杉本八段は1月12日に順位戦B級2組9回戦で中田宏樹八段と対局し、師弟ともにさらなる高みを目指します。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「エンタメ」のニュース

もっとみる