CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

クリスマスに向けたガラスの工芸品づくり 資源ごみとして回収した空き瓶を再利用 愛知・岡崎市

 “資源ごみ”の空き瓶を再利用したクリスマスの小物づくりが、愛知県岡崎市で行われています。

 ガラスを溶かし、そのあと、出来上がっていくのは…、大きさ10センチほどのサンタクロースやトナカイ、クリスマスツリーなどのガラス製の小物です。

 岡崎市のリサイクル施設にある「岡崎ガラス工房葵」では、クリスマスシーズンに合わせて、資源ごみとして集まった空き瓶を使い、クリスマスの小物をつくっています。

 約1300度の炉でガラスを溶かして原型をつくり、ハサミやピンセットなど専用の道具で手際よく仕上げていきます。

 すべて手づくりで独特の丸みや表情など、形や色が少しずつ異なっています。

 約200個がつくられ、岡崎市内の「道の駅」などで販売されます。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「愛知」のニュース

もっとみる