CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

東大宇宙線研究所に新研究棟 世界最先端の研究進める

 東京大学宇宙線研究所は、岐阜県飛騨市に新たな研究棟を建設し、29日から運用を始めました。

 東大宇宙線研究所は、飛騨市神岡町で、ニュートリノの観測装置スーパーカミオカンデや重力波を捉える大型望遠鏡KAGRAなどの実験施設を建設し、世界最先端の研究を進めています。

 近年、この研究の進展に伴い建物の増築が必要となり、およそ11億円で新研究棟を建設。

 29日の竣工記念式典では、ノーベル賞を受賞した梶田隆章所長らが参加しました。

 東大宇宙線研究所は建設中の次世代ニュートリノ観測装置ハイパーカミオカンデの稼働も2027年に見据えています。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「岐阜」のニュース

もっとみる