CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

“宛名のない手紙”を投函するポスト 伝えられない“あなたの思い”を空に届けます 三重・津市

 三重県津市にある「和奏カフェ」、店には郵便ポスト!

 中には、差出人や宛先のないハガキや手紙ばかり、一体このポストは?

 「(人に)伝えられない思いを受け取るポストで、“だいじこポスト”と言います」

 (だいじこファミリー あん子・代表)

 市民団体「だいじこファミリー」代表のあん子さん。

 母親に「あなたは大事な子だよ」と育てられたことから、この団体名にしました。

 3年前から団体のメンバーが営むカフェに、このポストを設置しました。

 活動のきっかけは?

 「私が病気をした時に手紙を書くことで、心を整理して前向きになれた経験があって」

 (だいじこファミリー あん子・代表)

 あん子さんは19年前に乳がんを患い、その時“誰にも言えない不安”を手紙にしたため、1人の看護師に受けとってもらいました。

 すると、話を聞いてもらえたことで気分が晴れ、前向きになれたといいます。

 思いを伝えることは大事。

 あん子さんは、手紙やハガキを毎年8月まで保管し、かわりに三重県津市の「津観音」で焚き上げを行い、天に思いを届けてきました。

 最近はコロナ禍で、文面にも変化が出てきていると言います。

 『コロナで会えなくなって2年近くになるね、早く会いたいね』

 『不要不急の外出は“なるべく自粛するように”との国からのお達し。

  何だか行き場所、居場所がなくなってきたなあ』

 「コロナが収まったあと『自分はこうしたい』など、夢とか希望を書かれる方が多いと思います」

 (だいじこファミリー あん子・代表)

 近所に住む20代の友人2人組は、ポストのことを初めて知りました。

 「(家族で)1日1回みんなで面白く笑えればいいんじゃないか」

 「久々に字を書いたかも。家族と行きたいって言ってたので、ピューロランドに」

 (客)

 これまでに届いたメッセージは500以上。

 この日、カフェでハガキを書くのは70代の女性。

 母親を病気でなくし、存命中にもっと話を聞いてあげるべきだったとの後悔が…。

 「謝らなきゃと思って、いつもお墓の前で謝ってます。涙が出てきます…」

 (客)

 偶然目にした「だいじ子ポスト」に初めて投函しました。

 あん子さんは、学校や病院などからも依頼があれば、ポストに見立てたカバンやリュックを背負い、自ら受け取りに行くこともあるとのこと。

 「手紙を書いている時間は“自分と向き合える時間”だと思う。思いを書いて、自分の気持ちと向き合う時間を持っていただけたらと思う。それは、きっとあすへの活力になるのではないかな」

 (だいじこファミリー あん子・代表)

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「三重」のニュース

もっとみる