CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

海面から突然!最後はさよならを告げるように…伊勢湾にザトウクジラ現る

 三重県鳥羽市。答志島の北、2キロほどの沖合。海面から突然、姿を現したのは…

 体長10メートル以上の巨大なクジラ。この映像は16日午後3時半ごろに、鳥羽海上保安部の巡視艇が偶然発見し、撮影したものです。

 目の前に現れたクジラに乗組員たちは…

 「うぉ〜!見てへん!俺見てへんて今の!」

 (乗組員)

 思わず童心に帰ります。

 

 鳥羽水族館によりますと、大きさや背びれの形などから、「ザトウクジラ」とみられるということですが、なぜ、伊勢湾に現れたのでしょうか?

 「ザトウクジラは、北の冷たい海と南の温かい海を、季節的に移動し、エサの多い海域に留まったりするので、伊勢湾で、マイワシとかを食べるため、滞在しているのでは?」

 (鳥羽水族館飼育研究部 若林郁夫次長)

 伊勢湾では、ザトウクジラが数年前から漁船などにも目撃されていて、鳥羽海上保安部の巡視艇が発見したのは、ことし1月以来、2度目だということです。

 「クジラと船がぶつかった事例もあるので、クジラを見かけた海域では、高速で船を走らせると、衝突することもあるので注意してもらいたい」

 (鳥羽水族館飼育研究部 若林郁夫次長)

 今回、ザトウクジラが巡視艇の前に姿を現していた時間は、およそ15分。

 最後は、さよならを告げるように大きくヒレを振りながら、西日に照らされる海の中に消えていきました。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「社会」のニュース

もっとみる