CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

商品のバーコードを自分でスキャン タブレット搭載カートで買い物の接触軽減

 「開店前だがものすごい行列!どこまで続いてる?開店前から注目度の高さがうかがえます」

 (CBCテレビ 木藤淳成記者)

 午前8時すぎ開店前から大行列!13日、名古屋市港区にオープンしたのは、全国に267店舗を展開する「スーパーセンタートライアル」。

 コロナ禍に注目のシステムが、東海地方に登場したんです。それが!

 「通常のレジカートにタブレットを付けました。決済機能付きのレジカート。コロナ禍においては、非接触であること」

 (トライアルカンパニーマーケティング部 野田大輔部長)

タブレットを搭載し非接触で会計ができる最先端のカート。その使い方は!?

 「お買い物はプリペイドで。バーコードがあるのでこちらをスキャンします」

 (木藤記者)

 まずは、事前に現金をチャージした専用のプリペイドカードを、タブレットに読み込みます。そして…

 

 「これ買います。秋の季節かぼちゃ。バーコードをスキャンします。はいった!」

 (木藤記者)

 商品を選んでタブレットにスキャンするだけ。スマートにお会計ができるんです。バーコードが読み取りにくい場合は?

 

 「バーコードが読み取りにくい時は、読み取り機をはずして読み込み、簡単に購入できる」

 (木藤記者)

 お会計が終わったら、スキャンのし忘れがないかを店員がチェックして、買い物完了。

 「スーパーセンタートライアル」では、このシステムを導入し、スタッフの勤務時間や人数をおよそ20パーセント削減できたということです。

 「すごく簡単」「非接触でいい」

 (利用客)

 さらに東海地方初という最新技術がもう一つ!売り場に設置されたこちらのカメラにはAIを搭載。

 売り場の商品が少なくなった時などに知らせてくれるほか、客の動きを感知して、どの場所にどの商品を並べるのが良いか判断する時に、役立つといいます。

 「我々は60年変わらなかった買い物を変えていきたい。お客様に便利でお得に買い物をしていただきたい」

(トライアルカンパニーマーケティング部 野田大輔部長)

 来年初めには、さらに進化したカートを導入する予定で、店員のチェックなしで決済ができるようにしたいと話しています。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「社会」のニュース

もっとみる