CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

「歯がなくてもかめる」チャーシューがはみ出したコロッケに杏仁ソフト…感染対策して「大九州展」始まる

 九州の人気グルメを一堂に集めた「大九州展」が15日から、名古屋の名鉄百貨店で始まり、コロナ禍で少しでも旅行気分を味わおうと、多くのお客さんで賑わいました。

 定番の博多の明太子や豚骨ラーメンなどはもちろんのこと、目利きのバイヤーが選んだ、初出店の8店舗を含めた55店舗が集結!午前10時のオープンから賑わいました。

 「こちらのお店でございます」

 この道およそ20年。バイヤーの山中良仁さんです。おすすグルメを紹介してもらいました。まずは!

 「歯がなくても噛めるような本当に柔らかい」

 (名鉄百貨店 山中良仁バイヤー)

 「チャーシューコロッケ」は、創業95年鹿児島市の精肉店、「島田屋」の逸品。なんてことでしょう!コロッケからはみ出しているのが黒豚チャーシューです!

 「今回この出店のために開発しました。鹿児島の良さをいっぱいアピールして頑張りたいと思います」

 (島田屋 島田秀樹代表)

 今回初出店の島田屋の特別な一品でした!

 そして、こちらも今回初出店!創業40年。長崎中華街を中心に4店舗を展開する「老李(らおりー)」。

 数ある中華メニューの中でも大人気なのが「杏仁ソフトクリーム」。

 「杏仁豆富が、ソフトクリームとして食べられるという商品です」

 「日本人はソフトクリームが大好きだから、絶対杏仁ソフトクリームだなと思い、およそ10年前に開発して」

 (老李 李 宗賢オーナー)

 

 もちろん感染対策も徹底的に。7階の会場にはセンサーを設置。リアルタイムで人数確認し、決められた数を超えると入場制限に。出店する側は…

 「孫に名古屋行ってくるっていったら、家に帰ってきたらちゃんとしてと言われ、もらってこないでということは言ってましたけど」

 (福岡からの出店者)

 「感染対策は万全にして、注射も2回打って抗体検査もしてから来ました。」

 (熊本からの出店者)

 名古屋にいながら、九州の絶品グルメや、匠の作る工芸品を購入できる「大九州展」は今回が17回目で、9月21日までの開催です。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「社会」のニュース

もっとみる