CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

自宅療養者からのSOS! 新型コロナ最前線 出動する救急隊員に密着  

 コロナ禍の最前線で奮闘する消防署を取材しました。

 「瑞穂区桃園町。救急報」

 

 名古屋市の瑞穂消防署。10万人の区民の暮らしを守るため、日々、「助け」を求める声を受け現場に急行します。

 「救急車、先に通過します。止まってお待ちください」

 (救急隊員)

 通報から出動までの時間は1分以内。患者の命を守るため1秒足りとも無駄にはできません。

 

 「Qここ(玄関前)で転んだ?」

 「ここで頭を打った。引っ掛かって」

 「Q下りるとき?上るとき?」

 「(階段を)上るとき」

 (患者と救急隊員)

 名古屋市瑞穂消防署の1日の出動は、多い時で15件ほど。特にこの夏、新型コロナ患者からの救急要請が増えました。

 「準備よし。はいOKです」

 「Qどうしたの?息が苦しい?」

 (救急隊員)

 運ばれてきたのは60代の女性。自転車で帰宅途中、突然、動悸に襲われ近くの人に助けを求めました。

 「意識が遠のくような感じ」

(患者)

「息がはやいのでゆっくり息をしましょう」

「血圧が高くて195の106。心不全(の持病で)診てもらっていたそうです」

「受け入れの方はどうですか?」

 (救急隊員)

 

 1件目の連絡で女性は近くの病院への搬送が決まりました。

 「コロナの検査をしますね」

 (救急隊員)

 病院に到着するとすぐに新型コロナの検査。検査をしてからでないと院内へは入れません。

 搬送が終わると、救急隊員は車内の担架や聴診器を消毒します。

 「次の患者が乗るので使った機材とか車内の消毒を徹底している」

 (救急隊員)

 「救急指令 瑞穂区~」

 

 再び消防署内に指令のアナウンスが響きます。自宅療養中の新型コロナ感染者からのSOSです。

 隊員はストレッチャーを「コロナ患者専用」のものに入れかえ、防護服に身を包みます。

 およそ5分後、到着したのは30代の男性の自宅。男性は夜中に「酸素飽和度」が低下し、息苦しさに襲われたため離れて暮らす家族を通じて119番通報しました。しかし…

 「酸素飽和度を計測してコロナ対策本部と調整をしながら対応した」

 「救急搬送は必要ないということで保健所が対応することに」

 (救急隊員)

 男性の症状は「重くない」と判断され、病院へは搬送せず、引き続き自宅療養することになりました。コロナ患者で病床がひっ迫する中、こうしたケースが増えているといいます。

 「患者の希望に沿って病院へ搬送できないのが心苦しい」

 (救急隊員)

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「社会」のニュース

もっとみる