CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

ワクチン接種を悩む中高生が専門家に質問「接種したあと感染する割合は?」

(CBCテレビ・夏目キャスター)

 今日はワクチンの疑問についても聞いてみました。高校2年生の男の子です。

 「ワクチンを打ってから新型コロナに感染するのはどのぐらいの割合ですか?」

 これについてはいかがでしょうか?

(名古屋大学医学部附属病院・八木哲也教授)

 どのぐらいの人がかかるかという確率はわからないんですけれども、ワクチンを打たなかった人に比べて、どのくらい予防効果があるかといいますと…

 

 ワクチンが出てきたときには90%~95%という高い率だったんですけれども、デルタ株が流行っている最近の報告ですと、その有効率が少し落ちているのではないかということは言われています。

 けれども、それでも70%~80%ぐらいは十分有効性があると考えられています。

 つまりワクチンを打たなかった人が100人かかったとすると、そのうちの60人~70人はかからなくて済むようにすることができる力があるワクチンだということになります。

(夏目)

 一方で、完全ではないということで、ワクチンを打った後も感染対策をお願いします。

 続いての疑問です。中学2年生の女の子からです。

 「接種後熱が出たり、腕が痛かったら病院に行った方がいいの?」

 八木さんいかがでしょうか?

(八木教授)

 これはですね、すぐに全ての人が行かなきゃいけないということではないと思います。痛みがあったりとか、熱が出たりという副反応は比較的よくみられる反応です。

 ワクチンの効果というか、ワクチンを打ったときの正常の一つの反応と考えられます。

 例えば腕が痛ければそこを冷やしたりとか、熱が出たら飲み慣れた解熱薬を内服したりして対応することが可能だと思います。

(夏目)

 ワクチン接種については強制ではありませんが、だからこそ正しい知識が必要になります。

 メリットとリスク、これを天秤にかけてぜひ接種については検討していただきたいと思います。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「社会」のニュース

もっとみる