CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

刈谷に負けないハイウェイオアシスを名神一宮にも…スギちゃんらが構想語る 巨大な銅像を作りたい!?

刈谷に負けないハイウェイオアシスを名神一宮にも…スギちゃんらが構想語る 巨大な銅像を作りたい!?

 愛知県一宮市の市民団体が、名神高速に「ハイウェイオアシス」を作る構想を打ち出し、パネルディスカッションが行われました。

 一宮市の商工会議所から、YouTubeで配信されたパネルディスカッションには、中野正康・一宮市長をはじめ、市民団体の代表や、国土交通省のまちづくり推進課長、一宮市出身のお笑い芸人「スギちゃん」らが参加しました。

 この中で、市民団体代表の伊藤葉子さんは、名神高速の脇にある木曽川に面した冨田山公園に、「キャンプやマリンスポーツなどが出来る広場や、カフェや飲食店、地元野菜の直売所などを官民連携で作りたい」と、構想を説明しました。

 これを受けて、スギちゃんが、「高速から見えるくらい大きなスギちゃんの銅像を作りたい」と場を和ませると、参加者は「刈谷ハイウェイオアシスの観覧車のように目を引くものを作るのも大切」などと話しました。

 また、配信を見た市民からは、SNSを通じて、「東京オリンピックで注目されたスケートボードの練習場が欲しい」「宿泊施設や入浴施設が欲しい」「高速道路からバンジージャンプがしたい」などといった意見が寄せられました。

 市民団体は、年内に構想の概要をまとめて、一宮市に提案する予定で、「身近な気軽に行けるリゾートを目指して、市民や子どもたちと一緒に考え、議論していきたい」と話しています。

 市民団体が掲げる「ハイウェイオアシス」構想の完成目標は2031年です。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「経済」のニュース

もっとみる