CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

「いぶき」と「つくし」に決定…東山動植物園で赤ちゃんコアラの命名式 名古屋城では「金シャチ」戻る

 4連休初日の22日、名古屋の東山動植物園では、去年の8月と9月に生まれたオスとメス2頭のコアラの赤ちゃんの命名式が行われました。

 名前はそれぞれ3つの候補の中から来園者による投票の結果、オスが「いぶき」、メスが「つくし」に決定しました。

 「いぶき」の由来は力強く育ってほしいという願いから、「つくし」はお母さんコアラのお腹の袋から顔を出した季節にちなんだ名前で、訪れた家族連れらはその可愛らしい姿に目を細めていました。

 「かわいい」

 「みんなに愛されるコアラになってほしい」

 (来園者)

 さらに、動物園ではこんなおめでたいニュースも…

 6月、アジアゾウの「アヌラ」が妊娠していることが判明。順調に出産すれば東山動植物園では2013年以来、2例目の赤ちゃん誕生となります。

 「(エコーでも)元気に動いている姿を確認できているので、来年5月ごろにハッピーなニュースをお届けできればと思っている」

 (東山動植物園・内藤仁美飼育第一係長)

 一方、名古屋城ではことし3月、新型コロナで疲弊した街に活気を取り戻してほしいと、16年ぶりに地上に降り立った「金のシャチホコ」が、その役目を終え、22日朝、ヘリコプターで無事、天守に戻りました。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「愛知」のニュース

もっとみる