CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

コロナ禍の夏休み キャンプ場で気を付けることは?祖父母に会いに行ってもいい?海水浴に行っても大丈夫?

 コロナ禍の夏休みをどう過ごせばいいのでしょうか? 名古屋大学病院の山本尚範医師に聞きました。

■Q.キャンプ場に行くときに気をつけることは?

 ●大人数の場合、家族単位で「グループ分け」を。

 ●寝る時は、隣の人と「2メートル以上」あけましょう。

 ●マスクを「複数枚」持って行きましょう。

 大人数で出かける場合、家族単位でグループ分けをしましょう。キャンプ場に複数の家族で一緒に行きましょうとなった時、例えば、家族単位の車で移動するのがいいでしょう。

 そして、宿泊を伴うキャンプの時、寝るときは隣の人と2メートル以上間隔を空けること。

 また、屋外では汚れやすいので、マスクを複数枚持っていくことをおすすめしますということでした。

 キャンプは密を避けられる屋外レジャーではありますけれども、食事を伴う場合は、そういうところがリスクになりますから、気をつけていただきたいですね。

■Q.ワクチン2回接種した祖父母に会いに行って大丈夫?

 A.大丈夫です。

 ●2回接種後、「2週間」たっていることを確認。

 ●会う2週間前から、特に「感染予防」に注意を。

 祖父母がワクチンを2回接種をした後、さらに2週間経っていることを確認してくださいということです。

 打った直後だとまだ抗体ができていないので、しっかり抗体ができてからにしてくださいということですね。

 そして出かける側も、会いに行く2週間前から、特に感染予防に注意してくださいということでした。

 ワクチンの効果も100%ではないということですから、このあたりは注意したいところですね。

■Q.海水浴・プールに行っても大丈夫?

 A.大丈夫です!

 ●風邪かと思ったら出かけない

 ●ゴーグル・タオルなどは共有しない

 ●脱衣所では3密の時は会話しない

 これは、もう大前提です。風邪かと思ったら出かけない。予定を変更する勇気も持つべきですね。

 そして、ゴーグル・タオルなどは、他の人と共有しないこと。そして、脱衣所はマスクを外して着替えるという場面ですから、会話をしないことが大切です。

 会話せずに着替えに集中することで、脱衣所での滞在時間も短くなりますからね。

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「社会」のニュース

もっとみる