CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

東海地方のニュース【CBC news】

熱海の土石流「盛り土のパイピング現象」とは?「大自然を怒らせることの恐ろしさ」 専門家が指摘

 静岡県熱海市で起きた土石流災害で、被害を大きくさせたと指摘される「盛り土」の問題。その盛り土が土石流になった原因として「パイピング現象」という自然現象が考えられています。いったいどんなものなのでしょうか。

 地盤工学が専門の、名古屋工業大学・松岡元(はじめ)名誉教授に聞きました。

 (名古屋工業大学 松岡元・名誉教授)「(発生)現場と伊豆山の上とは大きな高低差があります。大きな高低差があるということは『大きな水圧がかかる』ということです」

 松岡教授によると、自然のままの谷筋には、土にしみ込んだ雨水が「水みち」と呼ばれる土の中の通り道を通って表面に流れ出す「自然の排水システム」が出来上がっているとのことですが・・・

 (松岡名誉教授)「(現場は)人工の盛り土で『フタ』をしていますので、水みちの出口で 大きな水圧がかかるという状況になった」

 「今まではその水圧より 盛り土の抵抗力が大きくて 盛り土は何とか持ちこたえていた」

 「今回は(降雨が続いて) 水圧の方が大きくなって ドーン!と盛り土を噴き上げた」

 「『パイピング現象』が起こったと考えられます」

 これは「パイピング」現象を再現した実験映像です。

 砂を敷いた水槽の真ん中を板で仕切り、左側を山に見立てて雨が降り続いた想定で水位を上げていくと・・・

 ある時点で砂の中に「パイプ状の水みち」が出来て、下流に見立てた右側に一気に砂を噴き上げます。

 さらにわかりやすく、水に色をつけて実験すると。

 片方の水圧が高くなった側から、砂の中で水がどんな経路を通って反対側に噴き出すかよくわかります。

 (松岡元・名誉教授)「盛り土が水を含んで弱くなる。これは正しいですよ。でもそれが単に流し出されてあんな勢いで出ません」

 「単に壊れたという話でなくて、水圧で一気に押し出されてきますから、非常に激しい(現象)」

 松岡教授は谷筋に沿って盛り土をする場合、土の中の「水みち」をふさがないよう、あらかじめ「砕いた石を詰めた土のう」を敷いたり、盛り土の表面に「排水管」を差し込むことの重要性を指摘。

 そして、この地方に住む私たちが、今回の土石流災害から学ぶべき教訓について・・・

 (松岡元・名誉教授)「自然の絶妙な『循環・排水システム』を侵すようなことを人間はやってしまうんだと」

 「大自然を怒らせることの恐ろしさですね。それが…今回は貴重な人命をたくさん奪ってしまった。 非常に残念に思いますけど、 ぜひ繰り返さないようにしたいと思います」

関連記事

 前のニュース

次のニュース 

よく読まれているニュース

その他の「社会」のニュース

もっとみる