CBCテレビ動画ニュースサイト【CBC NEWS(CBCニュース)】

「友達と思っていた」と加害児童が話す 現金渡す名古屋の小5いじめ問題

 共有する
  • Facebookで共有する
  • pocketする
  • LINEで送る

 名古屋の小学校で、5年生の児童が、同級生に20万円を渡していたいじめの問題で、加害児童が、児童を「友達だと思っていた」と警察に話していたことが、新たに分かりました。

 この問題は、名古屋市立の小学校で、5年生の男子児童が、ことし8月からおよそ1か月間、同級生数人から、「金を持って来ないとのけ者にする」などと言われ、総額20万円を渡していたものです。

 関係者によりますと、いじめの発覚後、児童の両親から相談を受けた警察が聞き取りを行った際、加害児童全員が、現金を受け取ったことを認めた上で、「友達だと思っていた」などと話していたことが、新たに分かりました。

 中には、事態の深刻さに気付いて泣き出す児童もいたということです。

 名古屋市教育委員会は、ことし10月に、学校から「重大事態」との申告を受けていましたが認定せず、2日、CBCテレビが報じた後に、認定しました。(3日11:54)

よく読まれているニュース