普段“ノーメイク”の水野美紀 仕事終わりで化粧したまま帰宅すると「あれ、ママ…」その後の我が子の一言が刺さる

普段“ノーメイク”の水野美紀 仕事終わりで化粧したまま帰宅すると「あれ、ママ…」その後の我が子の一言が刺さる

12日夜、CBCテレビ『ドーナツトーク』で、MCの1人、水野美紀さんが家庭でのほほえましいエピソードを披露。帰宅した母親の“女優としての顔”に困惑する我が子の様子について明かしました。

CBCテレビ:画像 『ドーナツトーク』

今回の番組には、松嶋尚美さんがゲスト出演。水野さんのほか、MCのフリーアナウンサー・鷲見玲奈さん、お笑い芸人・ヒコロヒーさん、アーティスト・PORIN(Awesome City Club)さんと共に“心に残っている刺さりフレーズ”などについて語り合いました。

そんな刺さりフレーズについて、収録にリモート参加しているドーナツ会員50人の中の1人が「うちは子供が今2歳なんですけど、寝る間際に『ママちゅき~』みたいな感じで言われると、1日の疲れとかストレスがブッ飛びます」と語ると、「それ嬉しい!刺さりますよね」と、パッと母親の顔になった水野さん。

CBCテレビ:画像 『ドーナツトーク』

鷲見さんから「水野さんはお子さんから言われて刺さった言葉はありますか?」と問われると「私、普段は化粧全くしないから、お仕事終わりで化粧して帰ると『あれ、ママ…顔違うじゃない!』って言われる(笑)」と、子どもの嫌そうな顔マネを交えて紹介。

CBCテレビ:画像 『ドーナツトーク』

これにはPORINさんから「かわいい(笑)」、ヒコロヒーさんからも「お子さん、やっぱり分かるんですねぇ」との声があがり、「すっごい分かるみたい」と水野さん。「『キレイ!』じゃなくて?」と鷲見さんが改めて確認すると「『顔違うじゃない!』って(笑)。違うのがなんか嫌みたい。普段と違って知らない顔になってるみたいで」と、ちょっと嫌がりながらも化粧の有り無しに敏感に反応する我が子の愛らしさに、目を細めていました。

CBCテレビ:画像 『ドーナツトーク』

一方、松嶋さんは“刺さりフレーズ”について「街で私だって気づいてくれた人が、『すみません、写真撮ってください』って言ってくれはったの…」と、子どもとの外出時のエピソードを披露。

「でもホントにめっちゃ電車ギリギリで、『ごめんなさいね~!ちょっと今急いでるんで』って言ったら、息子と娘2人に『写真ぐらい撮ってあげなよ!すぐじゃん!』って言われて。チーンってなった(笑)」と続け、ファンサービスについての子ども達からのダメ出しが心に刺さったと語りました。

また、再びドーナツ会員のうちの1人から“ドラマで聞いた刺さりフレーズ”として「20年以上前のドラマ『あすなろ白書』で、木村拓哉さんが石田ひかりさんを後ろからハグして言った『俺じゃだめか?』が刺さりました(笑)」と、往年のドラマの名ゼリフが挙げられると、スタジオの5人は「言われたいですね~(笑)」などと一様に納得。

CBCテレビ:画像 『ドーナツトーク』

そこでヒコロヒーさんが、水野さんに対して「今までに、これはちょっと恥ずかしかったなっていうセリフはありましたか?『よ~言わんでこんなん!』みたいな」と尋ねると、「普通に、恋愛ものの『愛してる』とか、ストレートなセリフは全部恥ずかしいです」と意外な答えが。

「でも、水野さんは『怪演』って表現される演技をすることもあるじゃないですか。そういう時のセリフとかはどうですか?」と鷲見さんから重ねて問われると、「あっちはもう、ひたすら楽しいんですよ(笑)。『お前の毛をむしってやる』とか、どんな顔して言ってやろうかっていうのが(笑)」と極端すぎるセリフを例に挙げ、心の底から楽しそうに笑う水野さんだったのでした。(6月12日(日)よる11時45分放送 CBCテレビ『ドーナツトーク』より)

関連リンク

その他の「ドーナツトーク」の記事

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE