【アスリートの本音】林龍之介 「スポーツに障害は関係ない」たった一人の高校野球部員が公式戦へ

2022年7月29日(金)放送

東海地方にゆかりのあるアスリートに迫る「アスリートの本音」今回は高校野球で公式戦出場を目指した高校生たちの話です。

野球が好きで野球部に入れば、誰もが公式戦に出られるわけではありません。部員数が足りない学校は、他校との「連合チーム」を作って参加します。また全国の特別支援学校では、「障害のある生徒に硬式野球は難しいだろう」と野球部がない学校がほとんどです。
彼らはどれだけ野球が好きでも、自分達の力だけでは試合にも出られません。「五校で連合チームを組み」「特別支援学校で野球部を作って参加」と、いずれも愛知県では初めてのケースになった高校球児たちをご紹介します。

●プロフィール
林龍之介 愛知県豊橋市出身 
幼い頃から知的障害があり、高校から豊川特別支援学校に通う。野球が大好きで、ドラゴンズと高校野球のファン。高校2年の時に、特別支援学校に通う生徒へ公式戦出場の道を開く「甲子園夢プロジェクト」に参加して、本格的に野球を始めた。
その後自ら学校に「野球部を作ってください」と申し出た。熱意をくみ取った豊川特別支援学校と愛知県高野連など、周囲の尽力によって硬式野球部設立が認められた。2022年7月、全国でも珍しい特別支援学校の野球部員として、第104回高校野球選手権愛知大会に出場を果たす。
(取材は2022年1月~7月)

あなたにオススメ

RECOMMENDATION

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE