「スケートボード佐々木音憧(とあ)“世界の舞台”へ 」 「日本人では唯一のスゴ技を解説!」

2022年7月1日(金)放送

東海地方にゆかりのあるアスリートに迫る「アスリートの本音」
今回は三重県四日市市出身、スケートボードの佐々木音憧(とあ)選手です。小学校5年生の時にプロ資格を取得した、押しも押されもせぬ“プロスケーター” 2022年5月に行われた日本オープンで見事優勝し、同年の強化指定ランキング2位になりました。
ちなみにランキング1位は、3歳年上の兄・佐々木来夢(らいむ)選手です。

2022年から世界の舞台へ本格参戦する音憧選手は、「日本人で、あまりやっているのを見たことがない」大技 <フリップバックサイド・ノーズブラント> に挑戦中です。
どんな技なのか、じっくりご覧ください!

●プロフィール
佐々木音憧(とあ)2007年2月28日生まれ 
音楽好きの父・直人さんが「音憧」と名づけた。
兄の影響で4歳からスケートボードを始める。小学校に上がる前には<フリップ>(ジャンプしながらボードを回す) と<トラック(車輪とボードをつなぐ金属)に乗る> 技をマスターしていた。
小学5年生の時に「全日本アマチュア選手権」を制してプロ資格を取得。
中学3年生で、オーストリアで行われた「ワールドルーキーツアーファイナル2022」で優勝。
2022年には日本の強化指定ランキング2位に格付けされ、世界の第一線に本格参戦する。

あなたにオススメ

RECOMMENDATION

エンタメ

ENTERTAINMENT

スポーツ

SPORTS

グルメ

GOURMET

生活

LIFE