CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

CBCイベント・映画情報

コンサート

JACKSON BROWNE

聴く者の心に迫る。類い稀なる歌声と優しく憂愁に満ちたメロディ
デビューから半世紀、偉大なるシンガーソングライター 6年振りの来日公演!

JACKSON BROWNE
開催日
2023年3月24日(金)
会場
名古屋市公会堂
時間
開場 17:30 / 開演 18:00
S席 : 14,000円 A席 : 13,000円<税込>
※未就学児童(6歳未満)入場不可

BIOGRAPHY

1948年10月9日にドイツのハイデルベルクに生まれ、カリフォルニアにて育つ。68年にニッティー・グリッティー・ダート・バンドに参加後、ニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジでティム・バックリーやニコと活動。再びカリフォルニアに戻り、バーズとリンダ・ロンシュタットに曲を提供。その後アサイラム・レコードと契約。
72年のデビュー・アルバム『ジャクソン・ブラウン』は高い評価を受け、シングル「ドクター・マイ・アイズ」はトップ10ヒットとなった。イーグルスのデビュー・ヒット「テイク・イット・イージー」のソングライターでもあり、『レイト・フォー・ザ・スカイ』(1974)、『プリテンダー』(1976)、『孤独なランナー』(1977)、初の全米1位を獲得した『ホールド・アウト』(1980)等など傑作・名作アルバムは数知れず、当時成熟期に入ろうとしていたロック・シーンに於いてシンガー・ソングライターというスタイルを確立した。人生に対する真摯な姿勢に裏打ちされた、心のこもった誠実な歌の数々で“70年代最高の詩人"と称され、現在もアメリカを代表する偉大なるシンガー・ソングライターとして人々の心の奥深くにまで届く音楽を送り続ける。2004年ロックの殿堂入り。同年集大成2枚組『The Very Best of Jackson Browne』を最後に長年在籍したエレクトラとの契約を終了。2007年にはソングライターの殿堂入りも果たしている。2008年『時の征者』、2014年『スタンディング・イン・ザ・ブリーチ』を発表。リリース・スパンは長くなったものの、完成度の高い作品を世に送り出し続けている。
2021年3月には、アルバム『レイト・フォー・スカイ』(1974年)がアメリカの国家保存重要録音登録制度(National Recording Registry)に登録され、米議会図書館に“文化遺産"として永久保存されることになった。
同年にリリースされた最新作『ダウンヒル・フロム・エヴリホェア』は、次々と激動の出来事が起きた2020年以前からレコーディングされたものであるにもかかわらず、驚くほど先見の明に満ちたメッセージが詰まった作品となった。「人種間の分断、自由と民主主義の後退、環境破壊など、社会的、政治的、環境的に引き返せないところまで急速に近づいている(ダウンヒル・フロム・エヴリホェア=何もかもが下り坂な)世界では、今やすべてが危機に瀕しており、何一つ確かなことはないのだ」と歌う。同時にその主張の根底には、尊厳と正義を敬い、自分とは違う相手に心を開くという包容力の精神が流れている。自身のCOVID-19への感染から快復し、激動のコロナ禍下に放たれた作品だ。

“苦難のとき、悩みのとき、喜びのとき、幸せのとき、必ずそこにいた。心の伴走者ジャクソン・ブラウン"

本来であればアルバム・リリースから時を経たず実現していたはずの来日公演だが、コロナ禍による空白期間を経て
ようやく実現する。2023年春、史上最も偉大なシンガー・ソングライターが、約6年ぶりとなるジャパン・ツアーを敢行する。今回の公演も観る者の心にきっと何かを刻み込むに違いない。

チケット販売スケジュール

チケット先行販売につきましてはこちらをご覧ください。
https://udo.jp/concert/JacksonBrowne2023

一般発売 : 詳細決まり次第発表します。

主催 : CBCテレビ
企画・招聘・制作 : ウド―音楽事務所
協力 : ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル

お問い合わせ

CBCテレビ事業部 052-241-8118