CBC web | 中部日本放送株式会社 / CBCテレビ / CBCラジオ

CBCイベント・映画情報

展覧会

ゴッホ展 ~響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
フィンセント・ファン・ゴッホ 《夜のプロヴァンスの田舎道》 1890年5月12-15日頃
クレラー=ミュラー美術館 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands
開催日時
2022年2月23日(水・祝)~4月10日(日)
午前9時30分~午後5時、金曜日は午後8時まで
(入場は閉館の30分前まで)
休館日/3月7日(月)、3月28日(月)
会場
名古屋市美術館(名古屋市中区栄2-17-25 科学と芸術の杜・白川公園内)
入館料 : 平日 一般1,900円、高大生1,300円
      土日祝 一般2,000円、高大生1,400円

  • ※障害のある方、難病患者の方は、手帳または受給者証(ミライロID可)の提示により、本人と付添者2名まで、それぞれの料金の半額でご覧いただけます。
  • ※中学生以下は無料(日時指定予約不要)。
  • ※高大生チケットあるいは障害者チケットを購入された方は、当日美術館の受付で証明となるもの(学生証、障害者手帳など)をご提示ください。提示いただけない場合は、差額をお支払いいただきます。
  • ※同時に多くの方が入場することを避けるため、団体割引は行いません。
  • ※本展のチケットで名古屋市美術館の常設展もご覧いただけます。

3月22日(火)から4月4日(月)までの平日(3月28日(月)を除く)は、高校生は無料(日時指定予約不要・要学生証)

本展は展示室内の混雑を避けるため日時指定制です。
チケット購入方法は下記をご覧ください。
https://gogh-nagoya.jp/ticket.html

20世紀初頭、ファン・ゴッホ作品の世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー。ファン・ゴッホの芸術に深い精神性を見出し、情熱と理念をもって収集活動に打ち込んだヘレーネは、のちにクレラー=ミュラー美術館を設立し、作品を広く公開する夢を実現しました。
本展では、作品を通じて魂の交流ともいえる深い結びつきを得た画家と収集家の関係に焦点を当て、ファン・ゴッホの魅力に迫ります。
〈糸杉〉シリーズの傑作であり、同シリーズ最後の作品となった《夜のプロヴァンスの田舎道》(クレラー=ミュラー美術館)が16年ぶりの来日となるほか、ファン・ゴッホ美術館から《黄色い家(通り)》などが特別出品されます。

本展の詳しい内容は下記をご覧ください。
https://gogh-nagoya.jp/overview.html

主催 : 名古屋市美術館、中日新聞社、CBCテレビ
特別協賛 : Cyber Agent.
協賛 : NISSHA
協力 : KLMオランダ航空株式会社、ヤマト運輸、名古屋市交通局
後援 : オランダ王国大使館、JR東海、名古屋市立小中学校PTA協議会

〔展覧会について〕

ハローダイヤル 050-5542-8600(9:00~20:00)
https://gogh-nagoya.jp/overview.html

〔チケットについて〕

Boo-Wooチケットカスタマーセンター
0570-084-700(11:00~17:00)
https://gogh-nagoya.jp/ticket.html