• RSS FEED

ご挨拶

2018年12月28日。

本日は、仕事納めです。


そして、

アナウンサー納め、の日でもありました。

 

来月から、報道部の所属になります。

「アナウンサー」は、今日で卒業です。

 

師走の慌ただしさの中、突然のことだったので、

お世話になった皆様、応援して下さった皆様に

直接ご報告・ご挨拶することができないまま、

本日を迎えてしまいました。

 

この場でご報告させて頂くことを

お許しください。

 

2000年に入社して以来、

今日まで続けて来られたのは、

たくさんのご縁の中で、皆様に温かく支えて頂いたお陰です。

 

人が好きで、

人と話すことが好きで、

人の話を聞くことが好きで、

アナウンサーを目指したことを、今、改めて思い出しています。

 

そして、

ご覧頂いた方、お聴き頂いた方が、笑顔になって下さることが喜びで、

スタッフさんや、共演者の方と、緊張の合間に交わすユルいトークが楽しみで、

1日1日を積み重ねてきました。

 

こんな表現は、語弊があるかもしれませんが、

「仕事」をした気がしない、日々でした。

 

もちろん、大変なこともあった…かな?

もはや、思い出せません。

大変さを大きく上回る、喜びがあったからでしょう。

 

人に恵まれたお陰です。

 

視聴者の方、取材先、イベント会場で出会う方々は、

いつも本当に優しく受け入れて下さいました。

そして、勇気と刺激を与えて下さいました。

 

現場では、

親身になって助けて下さる心優しい方々に守られ、

いつもどこかで笑い声が聞こえる中で、仕事をさせて頂けました。

 

数々の失敗も、

時間の経過と共に、酒の席での笑い話に昇華して下さる

器の大きな方々に救われてきました。

 

これまで出会って下さった方が

もし一人でもいらっしゃらなかったら、

今日の私はありません。

 

これまで温かく支えて下さって、

本当にありがとうございました。

 

2019年からは、報道部で新たなスタートです。

 

2歳の息子に振り回される日々。

同時に、両親の遠距離介護が現実に迫りつつある今。

 

そんな私にできることは、何なのか…

「迷わず行けよ、行けばわかるさ」

という、アントニオ猪木さんの言葉が胸に浮かんでいます。

 

視聴者の方、

または、メディアの力を必要として下さる方が、

ほんの少しでも、明るい気持ちになってくれますように。

ほんの少しでも、その方々の役に立てますように。

 

その思いは、

どの職場に行っても、変わりません。

今後も変わらず、よろしくお願い致します。

(同期入社の石井アナと。石井アナは、私の名古屋での家探しから、引っ越しまでサポートしてくれました。いつも優しく厳しく接してくれた、最高の同期。家族のような存在です。)

 

 

PAGE TOP