• RSS FEED

説明するのは難しい。

最近、

人に何かを説明する難しさを

改めて感じています。


その難しさの度合いは、

「何を」説明するかということと、

「誰に」説明するかということで、大きく変わってきます。

 

最も難しさを感じるのは、

「自分自身では、疑問に思ったことがないこと」

「あたりまえのように受け入れてきたこと」を

何の予備知識もない人や、

文化が全く異なる人に説明するとき。

 

例えば、外国の方に

「よろしくお願いします」

「お世話になります」

「頑張ってください」

「いただきます」などの意味を突然聞かれたら、

きっと、あたふたしてしまうに違いありません。

 

「あたふた」というオノマトペも、

外国の方に説明するのはとても難しそうです。

 

ところで、先日のこと。

 

2歳になったばかりの息子と

テレビで相撲を見たときのことです。

 

言葉を話すようになってから

初めて相撲を見た息子。

 

力士が取り組みを開始するたびに、

 

「マメッ!!」

 

と叫んでいました。

 

「マメッ」というのは、

「ダメ(駄目)」という意味です。

 

まだ正確に発音できないので、

「マメ」になってしまうのです。

 

さらに、

取り組みに敗れた力士が

激しく転んだ時には、

 

「イタイ、イタイ?」

 

と聞いてきました。

 

息子の目には、

「相撲」は

「体の大きな、裸の男性たちが繰り広げるケンカ」

として映っていたようです。

 

だから、

「ケンカは止めて!」という気持ちが

「マメ!」という叫びになっていたのです。

 

私は息子が

「マメ!」という度に、

「大丈夫だよ~。ケンカじゃないよ~」

 

「イタイ、イタイ?」と聞かれるたびに

「大丈夫だよ~。お相撲さんは強いからね~」

 

と、説明。

 

でも、それでは

今、見ているものが何なのか、具体的に説明していない。

倒れた力士も、痛くないわけがない(はず?)。

 

結局、

その場しのぎの対応しかできず、

自分の中でモヤモヤしたものが残りました。

 

「相撲はスポーツ競技」

「国技ともいわれる、日本の伝統文化」などと、

大人になら説明できそうですが、

2歳児には理解できるかどうか…

 

そもそも

「スポーツ」とは?

「伝統文化」とは?

 

あぁ、そんな説明、私がしてほしい。

「相撲は相撲」「スポーツはスポーツ」としてそのまま受け入れ、

逆にいえば、何も考えてこなかったのだから。

 

結局、正解は出ないまま。

 

「まぁ、いつか時が経てばわかるでしょ。」

と開き直りの、丸投げです。

 

皆さんなら、2歳の子供に

「相撲」をどのように説明しますか?

 

 

PAGE TOP