トップへ
2008年1月26日(土)14:00〜15:24放送
テーマ曲紹介
『赤道大紀行』って何だ?
番組内容
みどころ
ロケ地紹介
制作発表
プレゼントクイズ
『赤道大紀行』って何だ?
1
2
3
4
次のページへ
『赤道大紀行』企画&プロデュース・藤井 稔(CBC テレビ制作局 生活情報部)
「『赤道』なんて言っても、実際には『道』もなければ、『線』さえも引かれていないっ!」
私が、その「事実」を知ったのは、かなり小さな頃の話。
既に亡くなった祖父が、第二次世界大戦の際、一兵士としてスマトラ島へ出向き、実際に『赤道』をまたいだ体験を、ずっと昔に幼い孫に聞かせてくれた。
いわく、「みんな『線』が引かれていると信じて、必死に行軍するんだけれど、実際は『線』なんか何にもないっ!」ツラかったはずの戦時中の体験を、むしろ明るく「笑い話」的に祖父が語ったことが、幼な心に妙に印象深くて・・・割合、ハッキリと記憶していた。
そんなことが、この企画『赤道大紀行』を発案した遠因になっているかもしれない。

「3年がかりの大きな企画を!」と求められて、いくつかのアイデアの中から『赤道』を選んだのは去年1月。
@南米横断 Aアフリカ横断 B南太平洋と「3部作」の割り振りもすんなりと決まって、堂々(!?)の「企画提出」。
でも、これだけの「大企画」は、私にとって正直初めての体験。春、正式に「採用」が決定した時は、震えるくらいに嬉しかった。「企画」が通れば、もはや実現あるのみ。
早速、ハードで峻烈な制作作業が始まった。


第一弾の「舞台」は、私にとっては未知の土地である『南米』
次のページへ