番組紹介

ウルトラマンに変身できる人間がシリーズ中に数人登場する。
変身できる人間は、防衛機関に所属していない。
ウルトラマン自身も銀から赤へモードチェンジして戦う。
ウルトラマン、防衛機関、異生獣「スペースビースト」の存在を一般の人は知らない。
光の超人「ウルトラマン」に対して、その影「黒いウルトラマン」も出現する。…

ウルトラマン
 
「ウルトラマン」のテレビシリーズが誕生してから38年。
あの普遍的な世界観“ウルトラワールド”に新しい設定と深いストーリーが融合、パワーアップした新ヒーロー「ウルトラマンネクサス」が、光臨する。


ストーリー
近未来。我々が知る「現在」と何ら変わることのない風景。しかし、実際には、世界各地で異生獣(スペースビースト)が原因の怪事件が報告されていた。この事態を人知れず解決するため、世界レベルで、防衛機関(TLT:ティルト)が結成された。その日本支部が「TLT−J」。そして、その下部組織として、ナイトレイダーと呼ばれる特殊任務班が設置された。彼らの任務は極秘裏にスペースビーストを駆除することだった。

完璧な作戦成功率を誇るこのナイトレイダーの前に新種のビーストが出現し、新たな局面を迎えた時、謎の青年が颯爽と現れた。そして、同時に光の巨人ウルトラマンネクサスも登場する。
彼こそがネクサスの第一適能者、姫矢准であった。
ネクサスは、時空の歪みに「メタフィールド」と呼ばれるバトルゾーンを形成。巨大化したビーストをこの空間に引き込み、戦いを繰り広げる。
そして、TLTも特殊飛行メカを合体させることで、この空間に突入可能となり、ネクサスと共に戦うことなる。

TLTの新隊員、孤門一輝は、和倉隊長以下、数人の隊員と一緒に激務をこなしてきた。しかし、姫矢との出会いにより、自分の任務と取り巻く状況に疑問を持つ。組織の謎や隊員の過去、ネクサスとは?ビーストの正体は?・・・
孤門は、姫矢や仲間との友情を築きながら、徐々にその核心へと迫っていくのだった。


(C)2004円谷プロ・CBCこのHPに掲載されている全ての画像、文章、データの無用転用、転載をお断りします。