ちりめんじゃこと菜の花のばら寿司

菜の花やちりめんじゃこがたっぷり入った、春を感じさせるばら寿司。甘酢に赤梅酢を使っているので、れんこんがほのかなピンクに染まり華やかに。桃の節句のお祝いにもぴったりです。

180303.jpg

エネルギー:439kcal 塩分:3.2g

放送日

2018年3月3日

講師

こてらみや先生

材料(4人分)

2合
ちりめんじゃこ 30g
菜の花 1わ(250g)
れんこん (小)1節(110g)
甘酢
米酢 大さじ4と1/2
赤梅酢 大さじ1と1/2
砂糖 大さじ3
3個
砂糖 小さじ1
小さじ1/4
とろろ昆布 適量
炒り白ごま 大さじ1
●塩、油

作り方

1
甘酢の材料を混ぜ合わせる。
2
れんこんは縦半分に切ってから2mm厚さの薄切りにする。さっとゆで、1の甘酢につけ冷蔵庫で2〜3時間おく。れんこんをつけた後の甘酢大さじ2に塩小さじ1を混ぜ、すし酢にする。
3
米は炊く30分前に洗ってザルに上げ、炊飯器の目盛りより若干少なめの水加減にして炊く。
4
菜の花は茎の茶色い部分を切り落としてたっぷりの水につける。鍋に湯を沸かして塩適量(水1Lに対し、塩大さじ1強が目安)を加え、菜の花を茎から入れて、歯ごたえが残る程度にゆでる。ザルに上げて湯をきり、うちわであおいで手早く冷まし、1cm長さに切る。
5
ボウルに卵、砂糖、塩を入れて溶きほぐす。フライパンを中火にかけて油小さじ2を熱し、溶いた卵を流し入れ、菜箸で手早くかき混ぜて炒り卵を作る。
6
ごはんが炊き上がったら、飯台か大きめのボウルにあけ、2のすし酢をまわしかけ、しゃもじでさっくりと混ぜる。ごはんがほぐれたら菜の花、れんこん、炒り卵、ちりめんじゃこ、とろろ昆布、炒り白ごまを加えて混ぜ合わせる。