第190回(1/31)

ビリッときたら御用心! しびれに潜む病気のサイン 手編

ゲスト 沢口靖子 プレゼンター 深沢邦之

手根管症候群

手の親指〜薬指の半分までを支配しているのが、正中神経。この正中神経が手首の部分で圧迫されて起こるのが、手根管症候群。この症状は、比較的手の小さな女性、なかでも手首をよく使っている人、むくみやすい更年期の方に多く見られます。

『手根管症候群チェック法』
指先を下にして、手の甲を30秒ほど合わせます。
手の甲を合わせると、主根管が狭くなり症状が出やすくなります。
このチェックでしびれが出た方は、手首にサポーター等を巻き、負担をかけすぎないようにするのがおススメです。

肘部管症候群

手の薬指の半分〜小指を支配しているのが、尺骨神経。ひじの外側を通る尺骨神経の損傷が原因となり、薬指の半分〜小指にしびれが生じるのが肘部管症候群です。
これは女性よりも骨が大きい男性に多く、パソコンなどで肘をよく折り曲げる人に起こりやすくなります。

さらに、腕に走っているもう一本の神経「橈骨神経」が、腕枕などで圧迫されると、手の甲側の親指や人差し指にしびれが生じます。

注意すべき手のしびれファイル

(1) 頚椎椎間板ヘルニア
頚椎の椎間板が神経を圧迫することで、手がしびれます。
原因は首への過度の負担です。
(2) 脳梗塞
脳に酸素や栄養を送っている血管が詰まってしまう脳梗塞。
血管の詰まった場所によってしびれる箇所が異なり、特徴として、身体のどちらか半身と口がしびれやすいのだそうです。
手足のしびれマップ
手・腕 両方
手根管症候群 糖尿病 腰部脊柱管狭窄症
肘部管症候群 脳梗塞 腰椎椎間板ヘルニア
橈骨神経麻痺 過換気症候群  
頚椎椎間板ヘルニア    
胸郭出口症候群    
肺がん    

手に出るしびれは、手自体の神経が傷ついて起こる場合や、首や胸の部分の神経の問題、肺がんでもしびれることがあります。
手足両方の場合は糖尿病や脳梗塞、過換気症候群などが影響しており、足のしびれは主に腰が影響しています。