第163回(7/19)

大シキュー!あなたの子宮をアンチエイジング!!美と健康の「女性力アップツアー」

ゲスト 山口もえ プレゼンター オアシズ(光浦靖子、大久保佳代子)

最近の女性の傾向として、生活習慣の乱れが妊娠力の低下、ホルモンバランスの乱れ等、女性力の低下を招いているということが言えます。
休日にきちんとした生活リズムを取り戻す努力が必要です。

女性力チェック

(1)月経周期が不順である。(24日未満または40日以上)
(2)最近、月経血の量が極端に増減した。
(3)ストレスを抱えている。(常に緊張している)
(4)気持ちが不安定になることが多い。
(5)激しいダイエットをした事がある。
(6)生活が不規則である。
(7)激しい運動をしている。
(8)冷えやのぼせがある。
(9)頭痛、肩こり、便秘などカラダの不調がある。
(10)最近、肌荒れが気になる。

以上の10項目のうち、いくつ当てはまりましたか?
○の数が1個までは問題なし。
2〜6個は「女性力注意報」。
7個以上は「女性力警報」。
7個以上の方は、まずは病院へ行き、生活を見直しましょう。

女性力アップヨガ

骨盤を開く『ピラミッドのポーズ』
まず足を大きめに開きます。
次に骨盤を持ち、息を吐きながら前屈。
背中が水平になったら手を床につき、呼吸を楽に行います。

骨盤を閉じる『ねじりのポーズ』
正座になって、両方のつま先を右側にくずします。
右足を立て膝にし、左足をまたぎます。
左手で膝を持ち、右手は後ろにして、息を吐きながらねじります。反対側も同様に行います。

女性力アップのための食事

「ビタミンE」
抗酸化作用のあるビタミンEは、血行をよくするので冷えの改善に効果的。アーモンドやカボチャ、ほうれん草などに多く含まれます。

「魚」
魚の脂には、女性ホルモンが低下すると増えてしまうコレステロールを抑えてくれる働きがあります。これは「DHA」が多く含まれるため。特にウナギはDHAが豊富なので、女性力アップにはおススメです。

「大豆イソフラボン」
女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン。高野豆腐に多く含まれ、悪玉コレステロールを減らしたり、骨粗しょう症予防に効果があると言われています。

女性力アップクッキング

『こうやの包み蒸し〜だし仕立て〜』
<材料>
高野豆腐 1個
鶏ひき肉 30g
ウナギの蒲焼き 30g
枝豆 10g
長ネギ 適宜
だし汁 50ml
片栗粉 小さじ1
醤油 小さじ1
ショウガ(みじん切り) 小さじ1
長ネギ(みじん切り) 大さじ1
ほうれん草 30g
のり 適宜

(1) 高野豆腐を固いまま、おろし金でおろします。
(2) 鶏ひき肉、ショウガ、長ネギ、だし汁、片栗粉、醤油を加えて混ぜます。
(3) (2)でできたタネに、ウナギの蒲焼きと茹でた枝豆を入れて包みます。
(4) (3)をラップに包んで7分程蒸します。
(5) 蒸し上がったらほうれん草と白髪ネギを盛りつけ、だし汁をかければ出来上がりです。

子宮の主な病気

「子宮筋腫」
子宮の筋肉の中に良性の腫瘍ができる病気。
「子宮内膜症」
本来子宮にできる内膜が、子宮以外の場所にできる病気。
「子宮がん」
子宮がんには入り口にできる頸がんと、奥にできる体がんがあり、頸がんは20代に増えています。

これらの病気はどれも初期症状がありません。年に一度は婦人科で検診を受けましょう。
また子宮の病気を予防するためには、最終月経日と月経周期を把握し、できれば基礎体温をつけるようにしましょう。