第124回(10/5)

秋の夜長を健康に過ごす!
♪音楽の神秘パワー大研究♪

ゲスト 松本明子

最近、音楽の様々な健康効果について、報告がされています。
音楽の健康効果には、免疫機能向上、高血圧抑制、認知症・脳障害の回復などがあります。
細菌やウィルスからカラダを守る免疫物質「免疫グロブリン」が、音楽を聴いたり歌を歌ったりする事で増加したり、また穏やかな曲は身体をリラックスさせる副交感神経を刺激し、血圧が下がります。
正確なメカニズムは解明されていませんが、音楽が脳を刺激し、運動機能や認識機能が回復するという報告もあります。

好きな曲を聴く

実は自分の好きな曲を聴いた時、脳は沈静します。逆に初めて聴く曲は、脳で考えながら聴いている状態になるため、脳は活性します。
好きな曲は脳が落ち着いた状態で自然に受け入れる事ができるので、リラックスしたい時には好きな音楽がおススメです。

また、運動中に好きな曲を聴くと、意識が運動から外れるので疲労感が少なくなると考えられます。
音楽には、身体を動かす作業から意識をそらす力があったのです。
これはエクササイズだけでなく、日々繰り返される単純な作業にも効果が期待できます。
リズムは運動を促す効果があるので、単純な作業にはリズムがある好きな曲を聴くのがおススメです!