第115回(8/3)

プロに学ぶ!
夏のスポーツ対策&正しい水選び

ゲスト 清水圭

健康に有意義なはずのスポーツも、夏場は脱水症状や熱中症などに注意が必要です。
今日はゴルフを例に、この季節、健康的にスポーツを楽しむ方法をご紹介します。

夏のスポーツ危険回避法

プレー前夜
体力を過信せず、7時間程度の睡眠をとっておきましょう。
また、アルコールを摂取すると肝臓が休息できず、睡眠不足になってしまいます。晩酌は避けましょう。

プレーを始める前
プレー前には、必ず充分な全身のストレッチをしましょう。

コースに出る時の注意点
プレー中も水分補給は必要です。スポーツ時の水分補給は、約15分毎に200mlを目安にして下さい。
一度に200ml以上水分を摂っても体内には吸収されにくいので、水分補給はこまめに行いましょう。
また熱中症対策として、日焼け止めを使用したり、首をガードするための「襟立て予防」もおススメです。
直射日光を避けるようにしましょう。

スポーツ前にはエネルギーになりやすい食品を摂ることもポイントです。ご飯やバナナよりも、フランスパンや食パンなどがおススメです。

正しい水の選び方

水はカルシウム、マグネシウムの含有量を表す硬度別に、軟水から非常な硬水まで大きく4つに分類されています。
『目的別おすすめミネラルウォーター』

ダイエットサポート編
おススメは硬度1000mg/l以上の超硬水です。これはアルプス山脈などで多く見られる、石灰岩等でろ過されたミネラルウォーターで、ミネラルを豊富に含み、ダイエット中の不足がちな栄養を補給できます。ただ、ミネラルが豊富なためお腹を下しやすくなることもあります。体質や体調にあわせ、適量を補給しましょう。

肌の健康編
おススメは炭酸水。胃酸を調整し、胃腸の働きや新陳代謝を高める作用があります。
炭酸水は、朝少し冷やして飲むとより一層効果的です。

リフレッリュ編
おススメは酸素水。酸素水は通常の水道水より酸素含有量が非常に多いミネラルウォーターです。口あたりがまろやかで、飲むと微量の酸素を胃腸などで吸収します。
酸素水に含まれる酸素は、体内に全て吸収されるわけではありません。

現在日本で市販されているミネラルウォーターは、約500銘柄。水の特長を知り、自分にあった水を選んで健康生活に役立てましょう。