第94回(3/2)

必見!夫婦円満脳トレ 男と女の脳のヒミツ

ゲスト 香坂みゆき

男性と女性では脳の得意分野が違うため、物の感じ方や見方が違ってきます。
一般的に男性は右脳優先、女性は左脳優先になり、右脳優先は直感的で大ざっぱ、左脳優先は細かくて論理的という傾向があります。

男女の脳の違い

(1) 空間認識能力の違い
右脳自体が空間的な認識能力なので、自分がどこにいるかとか、図形を回転させた時に同じ物を探すなどの能力は、圧倒的に男性が強くなります。
上下が逆になった絵を見て、頭の中で元の状態に戻して描く事で、この空間認識能力を鍛える右脳のトレーニングになります。
(2) 情報処理能力の違い
女性はいくつかの物事を同時に行えるのに対し、男性は一つの事に没頭してしまう傾向があります。
男女の脳で最も違うのは、脳梁という部分が女性の方が大きいところなのですが、そのために女性は左右の脳の連動性が高く、多くの情報を処理できるのです。
(3) 決断力の違い
決断が早いことは男性の脳の特徴です。これは右脳系の判断能力によるもので、直感的な能力は男性が非常に強くなります。
女性の場合は結論を出す事よりも、悩んだり比較したりすることの方が得意なのです。
(4) 記憶力の違い
女性の脳は前交連という場所が男性に比べて少し太くなっています。前交連には多くの神経が行き渡っており、感情を司る扁桃体と神経が繋がっているので、前交連が太いと感情的になると言われています。
人は感情が入ると物事を覚えやすいため、感情的な女性の方が過去の出来事をよく記憶していると言えるのです。

夫婦円満 脳トレ体操!

イスに座り、肩→頭→上の順に手を動かしましょう。両手同じ動きを5回行います。
次に右手を一つ先行させ、左右の手をずらして5回行います。1日3セットが目安です。
慣れてきたらスピードをあげたり、左手を先行させるパターンも効果的です。

女性は、異なる場所に手を動かす事で、空間認識を行う右脳が鍛えられます。
男性は、左右異なる動きを意識して行う事で、論理的な思考を司る左脳が鍛えられます。

男女の脳の違いを知る事によりお互いを受け入れ、またコミュニケーションを取る事でストレス解消になり、それが健康にもつながることでしょう。