第23回(9/24)

老い

ゲスト 関口宏

カラダにとって過ごしやすいと思われる秋ですが、実は秋は老化が加速する季節。短い期間に急激に気温が下がる事が免疫力の低下を招き、それが老化の原因になると言われています。

肌の老化

肌の老化は肌弾力に表れます。肌の潤い成分として知られる「コラーゲン」は血管にも存在し、その弾力や血流を保っているので、肌の老化を防ぐには血管のコラーゲン不足にも注意が必要なのです。
そんな肌と血管の老化を防いでくれる食べ物が今が旬のサンマ。
サンマには、新陳代謝を高めカラダの酸化を防ぐアンチエイジング成分「コエンザイムQ10」が、また皮と内臓には「コラーゲン」が含まれているのです。

・老化予防におススメ!「サンマの肝焼き」の作り方
 叩いた肝に、酒、しょうゆ、みりんを加えてタレをつくり、そこにおろしたサンマを15分漬けます。最後に残りの
 タレをかけて焼きます。

眼の老化

老眼や白内障だけが眼の老化ではありません。眼が乾き、角膜が傷つきやすくなる「ドライアイ」。症状が進み、見づらくなると脳への情報が減り、認知症を招く一因にもなるのです。
「10秒間目を開けていられるか」この方法でチェックしてみて下さい。

・ドライアイの予防に「眼のポンプ体操」
 目をしっかり閉じたら、パッと開く!これを3回繰り返しましょう。1日3回を目安にこの体操をしてみて下さい。
 また、ホットタオルで眼を温めるのも効果的ですよ。
 他にも眼の老化予防にはオクラ納豆が効果的。ネバネバ成分ムチンが眼の潤いを保護してくれるのです。

舌の老化

コップ一杯(180cc)の水にひと摘みの塩(1g)を溶かしたものの塩味が分かれば味覚は正常です。でも舌にある味覚細胞が老化や偏食によって壊れ、味を感じなくなる味覚障害は、生活習慣病を招く恐れがあるのです。

・舌の老化予防に「牡蛎」
 牡蛎に豊富に含まれている「亜鉛」は、味覚の維持・回復に欠かせない成分です。生牡蛎でたっぷり亜鉛を補給
 するもよし。亜鉛は熱に強く破壊される心配がないので、生が苦手な方は牡蛎フライでも大丈夫ですよ。亜鉛を
 より効果的に摂るためにはビタミンCたっぷりのレモンをかけて食べましょう。

また、キノコやサツマイモなどにも老化予防の効果があります。
食卓には旬の味覚を積極的に取り入れたいですね。