第7回(5/28)

カビと過敏性肺炎

ゲスト 小倉久寛

雨に濡れたカラフルな傘が街を彩る季節。
そんな梅雨の代表と言えば「カビ」。
実は日本は世界有数のカビ大国なんです。
国内に生息するカビは1万種類以上と言われています。
そして、実はそのカビが原因でとんでもない事が起こっているのです!
「過敏性肺炎」とは空中を漂うカビなどを吸う事によって起こるアレルギー性の肺炎。
「カビ」によって命が脅かされているんです。

(予防法)

1日30分カビ撃退法

1. 梅雨の晴れ間には家中の窓や戸、すべてを開け放ちましょう。
淀んだ空気を入れ替え、カビの胞子が根付くのを防ぐのです。
*ちなみに使用期限を過ぎた除湿剤はすぐに交換しないと逆効果です。
   
2. 布団と枕を干しましょう。
そば殻や羽毛の枕はカビが増えやすいのでしっかり乾かすことが大事です。
頭は意外と汗をかきやすく、口元に近い枕からカビを吸い込む危険があります。
   
3. エアコンを使った後は30分ほど送風モードにしましょう。
エアコンのフィルターにはほこりがたまりやすく、内部を乾かさないとカビの巣となってしまいますのでエアコン内を乾燥させることが大事です。