第5回(5/14)

衣替えと夏の風邪

ゲスト 舞の海

衣服が原因で風邪などの感染症のリスクが高まったりすることがあります。
夏の風邪は意外としつこく、こじらせると肺炎などの深刻な病気にも繋がります。
今から対処を始めないと大変なことになりかねません。
この時期、気をつけたいのが「衣替え」です。
あることに気をつけるだけで風邪の危険から身を守る事が出来るだけでなく、カラダの免疫力までアップさせることができるのです。

(予防法)

衣服内気候を快適に保ちましょう!

衣服内気候とは「服と肌の間の微妙な空間の気候」のこと。
*温度 32℃±1℃ 湿度 50%±10%が快適

衣服内気候を快適に保つため、オススメなのが新しい肌着。
肌着は何度も洗濯するうちに、繊維が痩せ細り吸水性が失われていきます。
洗濯回数80回を肌着の寿命と考えると5枚を使い分けて、ちょうど1年毎に新しく買い換えるのがベストです。
更に、新しい肌着には、驚くべき秘密が隠されています。
やわらかい新しい肌着には、免疫力をアップさせる効果があるんです。
今年の衣替えは、肌着も替えて夏の風邪に負けない身体を手に入れましょう。