トップページ  >  トルコへろへろ?ロケ日記

2011年12月17日 トルコってピスタチオの生産が盛んなんだって
2011年09月13日

トルコロケ、ラス前のアンカラ、まずは新幹線の走りを撮りに行きます。
1本の新幹線を3台のカメラで同時撮影しました。
まだ途中までしか線路が完成していませんが、
全線開通したらトルコの交通事情も随分変わると思います。

2011年09月13日

旧市街でトルコ初代大統領アタテュルクの銅像を撮影。トルコ建国の父と言われている方です。アタテュルク大統領の銅像は和歌山県の串本にもあるようですよ。

21日画像

次はカーペット店でカーペットの模様についてインタビュー。
カーペットの模様にも色々な歴史が隠されているんですよ。
ディレクター、カーペットの出し方が下手でカメラマンに何回もやらされてました。

21日画像

アンカラが何故イスタンブールに代わって首都になったのかの街頭インタビュー。
僕は全く知らなかったけど、話を聞いて成る程な~と思いました。
歴史って、それを面白く教えてくれる人で随分印象が違いますね。

21日画像

撮影はこれにて終了。 夕飯はホテルの目の前にあるシーフードレストラン。
フィッシュスープが美味しかった~。流石に今日はケバブは少なめでした。
明日、No.1 のお店へ行くからね。

2011年12月18日 トルコ、トルコって言ってるけど本当は
21日画像

ターキーです。本日でトルコロケ最終日です。
am6:00 ホテル出発。アンカラ駅から新幹線でエスキシェヒル駅へ。
新幹線車内の雰囲気や外の景色を撮影しながら移動です。
食堂車で朝食を食べました。
新幹線が出来るまではエスキシェヒル迄バスで4時間掛かっていたのが、
90分で行けるようになりました。

21日画像

新幹線はまだエスキシェヒル迄なので、ここからは在来線に乗換えて、イスタンブール迄行きます。
5時間の列車移動です。
が、わたくしは駅から出て行く列車を撮るためと、
イスタンブールのハイダルパシャ駅に到着する列車を撮るためホームに居残りで、
ドライバーさんと車でイスタンブール迄行きます。4時間半だそうです。

21日画像

途中、サヴァンジャ湖にあるドライブインで昼食。
僕の拙い英語聴き取り能力によると、
車の方が早く進んでいて、時間調整のためのランチタイムだと言う事だ。多分……。

2011年09月13日

が、列車到着予定時間が迫ってきても、一向に駅の近くに着かない。
ディレクターからは間もなく着きますのメールが次々送られてくる。
こりゃ、間に合わんか?と思った時に、撮影ポジションに到着!
急いで橋の上に行って準備したんだけど、
路線が沢山!どれ?どの線で入ってくるの?
そしたら、向こうから列車がやって来た。
ぎりぎりまで見てポジション決めるしかないけど、
橋のところで微妙にカーブしてるから当たりが難しい~。
ここか!と思って構えたけど、左端になっちゃった。は~。
ま、撮れたから良しとするか。

21日画像

次はシルケジ駅で撮影です。この駅はオリエント急行の終着駅でした。
鉄道好きな青年が写真を撮ってました。どこの国にも鉄ちゃんはいますね。

2011年09月13日

pm4:15 外は随分暗くなってきました。
延ばし延ばしになっていた、陸地側からの城壁に向かいます。
街灯もつき始めた薄暗い中、城壁を撮影して、
2回に渡ったトルコロケも終了です!

21日画像

さぁ、お待ちかねのハマムに行きますよ!いわゆるトルコ風呂ですよ!
まぁ、垢擦りやマッサージや、身体を洗ってくれる〝おじさん〟がいるサウナです。
でも、時間がないからサウナに入っただけでした。残念!
おじさんに身体をめちゃめちゃにして欲しかったなぁ~。

21日画像

そして、いよいよトルコラストディナー、
イスタンブールNo.1ケバブのお店へ行きますよ!
ベティと言うレストランで、流石No.1って感じですね。
コースになってて、次から次へとお皿に料理が盛り付けられていきます。
美味しいんだけど、正直ラム肉に飽きてきてて、
少し食べては、ディレクターやカメラマンにあげてました。
これ以上食べたら、ラム肉のこと嫌いになっちゃいそうです。
カメラマンは最後までラム肉祭りでした。

2011年09月13日

これで、2回に渡ったトルコロケは全て終わりました。
いやー、トルコって良い国だったなぁ~。ケバブは飽きたけど。