トップページ  >  トルコへろへろ?ロケ日記

2011年09月06日
6日画像

いよいよトルコロケが始まりました。16時30分に名古屋を出まして、関西国際空港へ車で向かいます。いきなりの長距離車移動ですが、海外ロケの時はこれぐらいの移動は普通です。

7日画像

19時20分。関西国際空港に到着。TURKISH AIRLINESにてチェックイン。三人で預ける荷物が私物入れて13個。175キロオーバー!!たくさん追加料金払いましたっ!そして、暫くは日本食とはさようならなので、中華料理で腹ごしらえ。(なんでやねんっ!)

8日画像

防水仕様のLEDバッテリーライトのバッテリーがチェックに引っかかり、確認のため少し足止めにあう。まだ日本だから、機材で引っかかっても日本語で通じるけれど、トルコに着いてから引っかかったら、説明するのが大変だなぁ。

2011年09月07日
2011年09月07日

飛んでイスタ~ンブ~ル♪ って、言うよね~。
到着しました!トルコ・イスタンブール、アタテュルク国際空港。
早朝だから涼しい!!今日は1日ロケハンです

2011年09月07日

まずは、チャムルジャの丘に行きます。と言っても、トルコの知識が殆ど無いので、何のこっちゃって感じですが。行ってみたら、トルコのヨーロッパ側とアジア側の街並みがが一望できる、ビューポイントでした。

7日画像バーダッド通り。ブランドショップが並ぶおしゃれ通りです。ここにある、行列ができるというパン屋さんで朝食です。初トルコ飯です。まぁ、普通のパン屋ですが。
7日画像キリスト教会とイスラム教会が隣同士に建っている場所をロケハンして昼食。歩道にテーブルを並べている小さなレストランで食べました。めっちゃ美味かったです。やばいです。しんどいはずの海外ロケなのに太って帰りそうです。
7日画像バザール(商店街)や、歩かせるポイントなどを決めながら、定期船でヨーロッパ側のイスタンブールへ移動します。船を降りたところが、屋台が並んでいる様な所で、そこでトルコアイスを食べました。 日本と同じ様になかなか手に持たせてくれない。そのパフォーマンスがなげーなげー。ながいわっ!!
2011年09月08日
2011年09月08日

今日はいよいよカッパドキアに行きます。空港のレストランで朝食。カメラマンはチーズ入りのパンだと言われて注文したパンが、何も入っていない普通のパンだったのでガックリ。だから(?)、もうひとつパンを追加してました。

2011年09月08日

まずは、ゼルヴェ野外博物館へ。ここは長年の雨風で柔らかい部分が削られて、キノコの様な形になった岩や、崖に穴を掘って住居や教会を造って生活していた跡が残されている所です。めっちゃ観光地になってます。

7日画像次の街へ移動途中に"ラクダ岩"を撮影。 侵食でラクダの形になった岩です。そのまんまか。
7日画像こじんまりとした可愛らしい街で昼食。つぼケバブとアダナーと他諸々食べました。はぁ~駄目だぁ~。みんな美味しいぃ~。
7日画像他教に迫害され逃げてきたキリスト教の人々が、地下に穴を掘ってそこで生活をしていたという場所です。まあー深いわ狭いわ暗いわの三拍子。ここで防水仕様のLEDバッテリーライトの登場なんですが、まあーこれが重いの重くないのってあなた。めっちゃ重いのよ。1番ヤングのディレクターに持ってもらいましたが、撮影終了後には死んでました。
2011年09月09日
2011年09月09日

本日は4時起床です。そしてカッパドキア気球ツアーの撮影です。んが。来ません。車が来ません。ディレクターとカメラマンは他の気球ツアーの車に乗って先に行きました。自分はコーディネーターと車待ち。早く来てくれないと気球に乗れないよー!!

2011年09月09日

アンカラという街に移動の途中、塩湖でインサート撮影。真っ白な砂浜みたいに一面、塩、塩、塩。ちょっと拾って舐めてみたら、やっぱり塩でした。

2011年09月08日

いやー念願の気球だよ!ケニアでは地上からのデジカメ班だったから乗れなかったんだよねー。すげー沢山の気球が一斉に上がって、約1時間の飛行でカッパドキアの風景を楽しみます。ちゃんと気球搭乗証明書ももらったよー!

2011年09月10日
7日画像

アンカラ城から街の俯瞰撮影。旧市街と新市街が一望できます。

7日画像

次に、アンカラ城下の小さな商店街。羊毛や絨毯やカンガル犬のごっつい首輪等をインサート撮影。その間、ディレクターは出演者を迎えに空港へ別行動。

2011年09月09日
今回のトルコロケコーディネーターのブレントさん。奥さんは日本の方です。
ブレントさんは日本語ペラペラ。

なんと、アンカラにハードロックカフェがある!という情報を入手! 海外ロケの先々で本物&偽物ハードロックカフェTシャツを収集している自分としては、 これは手に入れねば!何回か道を聞きながら夜のアンカラをドライビング。 目的地の近くで再度場所を聞いたら、なんともう撤退してなくなっていることが判明! ユーロアウトレットという店にになってました……。う~ん、残念。