ダイジェスト版試写&制作発表会見
 

記者会見には、海外ロケ・ドキュメンタリー初出演となる俳優・伊藤英明さんと、過酷なロケにも同行した制作部・斉藤龍昭プロデューサーが出席。各々が番組への思い、ペルーでの撮影秘話などを語ってくれました。 会場には50人を超える報道陣が集まり、伊藤英明さんへの「質疑応答」では制限時間を超えても記者からの質問が止むことはなく、1月28日(土)午後2時から始まる番組への期待の高さがうかがわれました!

伊藤英明さんコメント

考古学とか難しいことは良く分かりませんが、ナスカの地上絵だとか、遺跡とか、小さい頃から興味があったので、今回こういった機会をもてたことは、とても嬉しいです。

今回の取材で過ごした2週間は、30年間生きてきた中で一番濃い2週間となりました。景色を見て鳥肌が立つと言うような経験は今まで絶対なかったですし、たった2週間で人は変われないかもしれませんが、この旅を通じて「ありがとう」とか人に対する感謝の気持ちなど、色々「自分の中の意味」が変わったような、精神面で豊かになった気がします。

 
斉藤龍昭CBC番組プロデューサー

「海猿よりキツイ!」と伊藤さんがもらすほど、高山病と闘いながらの相当ハードなロケでした。ただ、伊藤さんはどこへ行っても、何をしても、何を食べても感動し、少年のようにキラキラした目を輝かせ、全て前向きに毎日を過ごしてくれました。アンデスの大自然と伊藤さんの魅力がぎっしりと詰まった番組を、是非見て下さい