[2012年2月12日(日)放送]道を極める2人の熱き役者愛

国内外から高い評価を受け、世界を舞台に活躍する俳優 役所広司さんと、
大河ドラマで主役を務めるなど、
今や日本を代表する若手演技派俳優の松山ケンイチさんが登場!

じっくり語るのは、今回が初めて…という2人。
まず最初に語りはじめたのは、やはり2人の共通点である“映画”について。

役所さんが、ある作品を通して感じた“映画づくりの楽しさ”とは?!
そして、松山さんが“自らをみつめ直す”きっかけとなったある出来事を告白?!

役者として、一人の男として、熱く語り合うひととき。
最後に、松山さんから役所さんにどうしても聞きたい“ホンネ”が?!

同じ志を持つ人だからこそ、話せるホンネがある。
道を極める2人の“役者道”とはいかに?!



松山さん:『“過信”と“自信”は違うもの』
がむしゃらにやればいいってものじゃない。
ケガをして、今まで自分の力を過信していたことに気づいた。
どんなことも気持ちMAXで臨めば“何でもできる”と信じ、とにかく全力で頑張ってきたという松山さん。しかし、撮影中の怪我で周囲に迷惑を掛けてしまい…、がむしゃらに突き進んで来たこれまでの自分をみつめ直したんだそう。何事も真剣に取り組むことは大切だけど、自分のキャパシティを越えないよう、冷静に見極めることも大事、と語ってくれたよ。



役所さん:『どんなときも、大切なのは“勇気”』
新しいことに飛び込む勇気、本番に臨む勇気、人と交流する時の勇気。
なにごとも、勇気が大切。
全ての場面において、最終的には“勇気”が一番大事だと語っていた役所さん。迷いや不安…壁にぶつかって躊躇してしまうこともあるけれど、恐れず、自分を奮い立たせて積極的に向かって行く強い心が、何事にも大事と語ってくれたよ。うんうん、この言葉は役者に限らず、どんなお仕事や人生においても同じ。松山さんの心にも深く響いていた様子でした♪
最高級和牛「松阪牛」のすき焼きに舌つづみ

高尾

住所:東京都千代田区有楽町2-2-3
ニユートーキヨー数寄屋橋本店ビル8F
電話:03-3575-4800
HP:http://www.newtokyo.co.jp/honten/honten_8/8f.htm
最高級和牛と言われる松阪牛のすき焼き、しゃぶしゃぶ。旬の厳選された食材がおりなす季節の会席料理。落ち着いた白木造りの個室や気軽に利用できるテーブル席に大広間など、寛ぎのの空間と洗練されたサービスで、接待から会食、宴会まで幅広く利用できます。

ワイワイマップ