[2012年1月29日(日)放送]信頼がきずく絆のかたち

端正なルックスと幅広いネタで、情報番組で活躍中のテレビレポーター阿部佑二さんと、コメンテーターとしても人気のイケメン国際弁護士、八代英輝さんが登場!
5年以上に渡りスタジオで顔を合わせてきた2人。しかし、2人だけで語り合うのは今回が初めてなんだとか。

まず語りだしたのは、お互いの生い立ちについて。
全く正反対の家庭環境で育ってきた2人が、お互いの意外な接点を発見?
レポーター魂に火のついた阿部さんが、八代さんの素顔に鋭く切り込む!

ワイドショーでは決して見ることのできない、腹をわった2人のホンネの語らい。
八代さんの人間性に触れた阿部さんが、八代さんの将来に関わる大切な提言を…?

信頼するもの同士だから交わせる約束。
2人にとっての新しい絆のかたちとは?



阿部さん:『死ぬまで“現場”に立っていたい』
“レポーター”という仕事に、誇りを持って生きている。
一生現場“に立ち続け、人生の証を残して去りたい。
10年間の俳優の仕事を通して、改めて自分が“リポーターになりたい”ことを強く認識したという阿部さん。また、昨年の怪我による長期現場離脱後、東日本大震災の被災地を訪れたときも、大変な状況にあるはずの被災地の人々が自分を心配してくれたことに感動…その人たちに“リポーター”として何かを返したいと強く思った、と熱く語っていたよ。



八代さん:『何かひとつを極める“本物”になりたい』
どこかで自分は“どれも中途半端”のように感じる。
自分も何かひとつを極められるような、本物になりたい。
マルチな才能を生かし、様々な分野で活躍する八代さん。しかし、それは八代さんにとって“どれも中途半端”に映り、コンプレックスにもなっているんだとか。阿部さんは、そんな八代さんに対し「メインキャスター」になることを提案。八代さんもこれまでの集大成として“本気で目指してみようかな”と前向きな様子。もしかしたら今後、キャスター道を極めることになるのかも…?!
ガーデンサイドの個室を舞台に素敵なパーティを

月の市場

住所:東京都港区赤坂3-10-4 月世界ビル7F
電話:03-3585-1650
地中海の香りに満ちたトラットリア。グルメな舌を満足させるこだわりの味。都会の喧噪を忘れる緑豊かな庭園と都会の空を眺めながら、楽しいひとときを過ごすことができる。5名〜32名まで利用できる個室が7つあるので、女子会やパーティなどにもオススメ。

ワイワイマップ