[2011年10月9日(日)放送]本当に幸せを掴むための「ホンネ日和」

圧倒的な存在感を放ち、独自の世界観で多くの人を魅了し続ける美輪明宏さんと穏やかな人柄でお茶の間の人気者、スピリチュアリストの江原啓之さん。近年のスピリチュアルブームの火付け役ともなった2人が、約2年ぶりにカメラの前に揃って登場!普段、自らについてあまり語らない2人が、互いについて、じっくり語り合うひととき。 そこには、息をのむようなホンネの数々が…。あの大人気番組の裏側や江原さんが受けたバッシングの真相、さらには波瀾万丈な2人の生い立ちなど…これまで明かされることのなかった真実が?! そして最後に語られたのは、美輪さんの壮絶な人生から見出された“強く生きるための心構え”。 さまざまな経験をしてきた2人が導き出す「本当の幸せを掴むための教え」とは一体?!



美輪さん:『ありのままを愛してなんて、図々しいわよ』
理想の結婚相手を聞くと「ありのままの私を受け入れてくれる人」ってよく言うでしょ?
努力もせずに愛して欲しいだなんて…「図々しいわね」って言ってやるの。
“女性の結婚観”について、美輪さんは「ありのままの私を受け入れて」と言うのは、畑から抜いた泥だらけの大根を「食え!」と言っているのと同じ、と一喝! 受け入れてほしいのなら、受け入れてもらえるよう“自らを磨く努力”が必要ともコメント。努力なくしては、何も得られない…努力したからこそ感じられる“幸せ”こそが、本物なのかも。



江原さん:『いくら知識を学んでも“経験”には敵わない』
経験豊富な人の言葉には、生きていくうえの指針となるヒントがある。
“経験”には、逆立ちしても叶わない
美輪さんのように、さまざまな経験をしている人は視野が広く、それゆえに物事を多角的に見ることができる、とコメント。普段は相談を受ける側の江原さんだけど…今回は自らのことを伝え、美輪さんの経験に裏打ちされた深い言葉に心打たれたんだとか。人生の先輩はアナタの近くにも、きっといるはず。ふふ…アナタは今、誰のお顔を思い浮かべましたか?



(番外編)『逆菩薩』
どんな逆境・不幸な出来事が起こっても、
その出来事には必ず学ぶことがあり、その後の幸福に繋がっているはず。
人生楽しいことばかりじゃない。でも…しばらくたって振り返れば、「あの経験がなければ、今の自分はなかった」ということも多いはず、と美輪さんはコメント。辛い出来事に直面すると、なかなか前向きになりにくいけれど、でもそんな時こと、悲観的になりすぎず「人生」という長い目で見るべき、と語ってくれたよ。
こだわりの空間と設備で、感動のひとときを

ルテアトル銀座

住所:東京都中央区銀座1-11-2 
電話:03-3535-5151(代表)
HP:http://www.theatres.co.jp/letheatre/
演劇のみならず、落語会やコンサート、名作映画のリバイバル上映なども行っており、772席ある観客席には、車椅子用の席や、ボックスシートも用意。こだわり抜いた劇場設計により、快適で上質な空間の中で観劇を楽しむことができる

ワイワイマップ