[2011年9月11日(日)放送]還暦を越えた二人が語る「ホンネ日和」

歌手や俳優としても活躍するタレントのモト冬樹さんが誘ったのは、芸能界の先輩である歌手の中尾ミエさん。

60歳と65歳。ともに還暦を越えた二人がお酒を交えてのホンネトーク!

未婚のまま現在も独身を貫く中尾さんと、昨年結婚をして、いきなり20歳を越えた娘さんの父親になったモトさん。そんな二人が語る、それぞれの“家族のあり方”とは?
既成概念にとらわれていると決して知ることのできない“幸せのカタチ”とは?

そして、誰もがいずれは迎える“最期の時”のこと。
経験豊富な二人だからこその、深いホンネの数々…。
さまざまな経験を積んだ二人が考える“ゴールまで見据えた生き方”とは一体…?



モトさん:『結婚は“幸せになれるチャンス”を掴んだだけ』
結婚が“幸せのゴール”だと思ったら、大間違い。
チャンスを掴んだだけで、努力しなければ、幸せにはなれない。
1人暮らしが長かったこともあり、新婚当初は自分のペースで過ごせない毎日に違和感を覚えたんだとか…。でもね、「結婚」をゴールではなく、人生の新たなスタートを捉え“1年間は奥さんを優先する”ことを決意。その頑張りもあって、今はお互いを尊重し合う、素適な関係なんだとか。これには中尾さんも「語れるようになったねぇ〜」と感心していたよ。



中尾さん:『価値観は人それぞれ。世間一般と比べるなんて無意味』
世の中の流れにのっていれば、それでいいの?
自分自身が心から願い、求める姿を追い続けるべき
これは、中尾さんが占い師さんに「結婚線がないわ、お気の毒」と言われた時のひと言。中尾さんは「未婚=気の毒」との言葉に違和感を感じたんだとか。そして今の時代は世の中の流れを判断基準にしている人が多すぎる、とコメント。大切なのは“自分の価値観”。周りの目や一般論は気にせず、もっと自分の考えや価値観に自信を持つべき、と語ってくれたよ。
本場ベルギーのビアカフェ・スタイル!

Belgian Beer cafe Antwerp Central

住所:東京都千代田区丸の内2-7-3東京ビルTOKIA B1F
電話:03-5288-7370
HP:http://www.belgianbeercafe.jp/
ヨーロッパを中心に全世界で約70店舗を展開する、ビール醸造メーカー”インベブ社”が創業した「ベルジアンビア・カフェ」。1920年代のビアカフェをリアルに再現した空間で、本場のベルギービールとスローフードが味わえる。

カジュアルから接待まで使える和食ダイニング

和食 波奈

住所:東京都千代田区丸の内3-1-1国際ビル2・3F
電話:03-5221-8700
HP:http://www.washokuhana.com/
創業40年。産地直送の新鮮魚介と朝採れ野菜を使った旬の本格和食が楽しめる。料理にあわせたお酒は、日本酒や焼酎、ワインに至るまで100種類以上あり、なかには入手困難な幻の銘酒も。伝統の味が引き継がれた名物の“鯖棒寿司”は、お酒の〆にもピッタリ!

ワイワイマップ