[2011年4月17日(日)放送]憧れの大先輩と行く男2人旅

俳優・タレントとして活躍する東貴博さんが旅に誘ったのは、
仕事の先輩であり、生きるうえでのお手本にしているという三宅裕司さん。
“付き合いとしては長いけど、深い話をしたことはない”という2人。
近いようで遠い存在・・・人生の大先輩が初めて語る、ホンネ。
そして人生の決断、「結婚」をためらう東さんにむけられた厳しいアドバイスとは?



“今年還暦を迎える三宅さんのお祝いをしたい”と語る、東さんが考えた旅のテーマ、
それは、シンプルながらも心のこもった『東MAX流の還暦お祝い』。

青空の下、東さん運転のドライブから始まった、男2人旅。
まず向かったのは“日頃の疲れを癒してほしい”と選んだ、横浜ベイを一望する足湯スポット。
ほっこりタイムに、互いの心も徐々にリラックス。三宅さんの劇団苦労話など、
初めて聞く大先輩の言葉に、2人の雰囲気もぐっと深まっていきます。

続いて向ったのは、東さん御用達のアパレルショップ。実は東さん、「還暦のお祝い」として、
いつもジャージ姿の三宅さんに、オシャレな服をプレゼントしたかったのです。
そして、チョイ悪オヤジに大変身した三宅さんを次に連れ出したのは…とっておきの高級料亭。

優雅な庭園を眺めながら、目にも鮮やかな懐石料理に舌鼓する2人。
そこで東さんは、人生の大先輩にどうしても聞きたかった、あることを相談します。
いつもはニコニコ顔の三宅さん…でも煮え切らない様子の東さんに、鋭い一言が。
生きるうえでのお手本とする大先輩からのホンネ。それに対し、東さんは…。

三宅裕司さん:『説明することに、未来がある』
説明するにもパワーは要る。でも“理解し合いたい気持ち”や
“相手を思う心”があれば、面倒くさいとは思わないはず
恋愛トークで「相手に、全部説明するのが面倒。」という東さんに対し、「面倒くさいのは自分の都合、自分よりも相手のために動く、そこに“愛情”があるのでは?」と一喝した三宅さん。『分かってるはず…』『忙しいから』など、みなさんも思い当たる節があるのでは? 大丈夫〜? 大船に乗った気でいると、愛想尽かされちゃうかもよ(汗)!!



東貴博さん:後ろを振り向くと、何も残してない
タレントや座長、これまでもいろいろな仕事はしてきたけれど、
“人生”を振り返ったとき、“何も残していない”ように感じる
ちょっと、ションボリしながらホンネをポロリした東さん。でもね、三宅さんは「けど、全部自分で選んできたんでしょ?」と。このひと言には、東さんもギクッ!な感じ(汗)。確かに…毎日の何気ない選択、それこそが “自らの人生”を築きあげているんだよね。ソラも、三宅さんのひと言には「毎日を大切にしなきゃ!」と切に感じたのでした…。



三宅裕司さん:『タイミングとかは、自分で決めるもんじゃない』
結婚は、自分1人の都合や判断で出来るワケじゃない。
相手の思いや周囲の環境、それら全てが関係しているはず。
結婚願望はあるけれど、何だか煮え切らない東さんに対しての三宅さんホンネ。ロケ時は“結婚”ついての言葉だったけれど…「人生の決断、その全てにおいて共感!」というツイッターコメントも多数。
そうそう、ホンネ隊男子スタッフは「この言葉が一番、心にグサッ!」だって(笑)。
熱海・湯河原温泉の天然の恵みを、横浜で満喫

横浜みなとみらい万葉倶楽部

神奈川県横浜市中区新港2-7-1
045-663-4126
横浜みなとみらいに位置する、和情緒あふれる温泉空間。展望足湯庭園や露天風呂など7種あるお風呂の他、4種の岩盤浴室が楽しめる。“癒し”をテーマにした休憩処には、女性専用スペースも。細やかな心遣いの中、温泉郷の楽しみを手軽に堪能。
http://www.manyo.co.jp/mm21/

シンプルながらも、センスの光る“セレクトショップ”の老舗

横浜モアーズ・SHIPS

神奈川県横浜市西区南幸1-3-1
045-290-5128
コンセプトは、トラディショナルな要素を今日的な形で表現した“STYLISH STANDARD”。時代を感じながらも、こだわりのスタイルを提案、世代を問わず幅広い層から支持を受ける。
http://www.shipsltd.co.jp

静かな庭園を眺めながら、旬を味わう懐石料理に舌鼓

懐石 花里

横浜市港南区上大岡東1-11-20
045-842-0559
緑豊かな200坪の庭園を全客席から眺められる本格的高級料亭。板前の腕が光る繊細な盛りつけ、その目にも鮮やかな懐石料理は、月替わりでメニューが変わる。昼席の手軽にいただけるお弁当も人気。
http://www.hanasato.com/

ワイワイマップ